深煎りほうじ茶の美味しい淹れ方
見出し画像

深煎りほうじ茶の美味しい淹れ方

こんにちは!
株式会社TeaRoomです。

本記事では、深煎りほうじ茶の美味しい淹れ方をご紹介していきます。

焙煎の香りが心地よいカフェインレスの「深煎りほうじ茶」

re1_ほうじ茶

産地:静岡
品種:ブレンド
評価:旨味☆ 渋み☆☆ 香り☆☆☆

【このお茶について】

静岡県牧之原大地で育った緑茶を丁寧に焙煎したほうじ茶です。
カフェインの少ない茎のみを使うことで、よりすっきりとした焙煎の香りが楽しめます。毎日コーヒーを飲んでカフェイン疲れしてしまった人に贈りたいカフェインレスなほうじ茶です。


深煎りほうじ茶の淹れ方

【用意するもの】
・茶葉 3g
・お湯 180ml
・電子スケール
・急須
・茶こし
・コップ

1.茶葉3gをはかり、急須に入れる

re2_ほうじ茶


2.180mlの熱湯を急須に注ぐ

re3_ほうじ茶


3.2分待つ

re4_ほうじ茶


4.急須を数回まわし、コップに注ぐ

re5_ほうじ茶 (1)


5.完成

_re6_ほうじ茶

心安らぐ焙煎の香りをお楽しみいただけます。

アイスティーの場合は?

アイスティーには、
⑴お湯出し+急冷、⑵水出しの2種類の作り方があります。

短時間で美味しく淹れる「お湯出し+急冷」、渋みを少なくじっくりと抽出する「水出し」を、シーンによって使い分けてみて下さい!

re7_ほうじ茶

⑴お湯出し+急冷

【用意するもの】
・茶葉 3g
・お湯 180ml
・氷 コップの縁まで
・電子スケール
・急須
・茶こし
・グラス

1. 
氷をコップの縁まで入れたグラスを用意する

2. 
茶こしで茶葉を濾しながら、ホットより1〜2分長く抽出したお茶を氷の上に注ぐ


⑵水出し

【用意するもの】
・茶葉 10g
・氷水 1000ml
・電子スケール
・グラス
・ボトル

1. 
茶葉10gと1000mlの氷水をボトルに入れ、冷蔵庫で2時間ほど置く

2.  
ボトルを上下に静かに振り、グラスに注ぐ


ティーバッグの淹れ方は?

re8_ほうじ茶

1. 
マグカップに180mlのお湯を注ぐ

2.
ティーバッグを入れ、2分間待つ 

3. 
お茶の色が出たらティーバッグを上下に2回振って取り出す


深煎りほうじ茶のペアリングフードは?

re9_ほうじ茶

深煎りほうじ茶のペアリングフードは、カツサンドです。

緑茶を焙煎する時に「メイラード反応」というものが起こり、茶葉が褐色になり香ばしさが増します

カツも同じように、肉を焼いた時に「メイラード反応」が起こるため、カツの香ばしさとほうじ茶の香ばしさが絶妙にマッチします。

ぜひ、カツサンドと共に、深煎りほうじ茶の香ばしい香りをご堪能ください!

購入リンク

【法人様向け】深煎りほうじ茶 100g


【法人様向け】深煎りほうじ茶 ティーバッグ 50個


【サンプル】深煎りほうじ茶 30g


※ 法人様向けの商品の、一般のお客様ご購入の場合
パッケージは業務用のものとなってしまいますのでご了承ください。
クーポンの発行は法人様専用となりますのでご了承ください。

TeaRoomについて

お問い合わせ:info@tearoom.co.jp

HP:

ECサイト:






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!🍵
株式会社TeaRoomは「対立のない優しい世界を目指して」を理念としています。「お茶の世界」について知っていただけるように、オンライン上に "TEA ROOM" をつくりました。 HP:https://tearoom.co.jp、 Mail:info@tearoom.co.jp