#2 10年目に想うこと
見出し画像

#2 10年目に想うこと

シリウス政岡

個人事業主になって10年が経ちました。トライアスリートとして競技した10年が「全力で駆けぬけた時間」とするならば、個人事業主としての10年は「なんとか耐え抜いて生き残った時間」という感じでしょうか。

自分1人の力ではシリウス(屋号:Team Sirius JPN)を存続させることは無理でした。独りよがりな人間から「自分はただ生かされている存在なのだ」と気づけたことが、この10年での最大の学びです。支えてくれた人や自然に感謝です。

そしてこれから。43から53になっていきます。人生100年時代、マラソンで言うと22-25km地点、トライアスロンで言うと「バイク中盤〜ランに備えるパート」でしょうか。うまくエネルギー補給しながら、勝負のときに備えたいです。

これからもシリウスのこと、応援よろしくお願いします。

Be the best you can be. 
チームシリウスジャパンは、人々に変わる勇気ときっかけを与え、心とカラダの健康づくりに貢献します。
1. うまくなるきっかけ
2. 健やかになるきっかけ
3. 強くなるきっかけ
4. 自信をもつきっかけ
5. 挑戦するきっかけ

Team Sirius JPN 事業理念

(備忘録として)「この先10年の私の課題」

課題① 多様な価値観を受け入れられるようになること

「人をジャッジしないこと」「多様な価値観を受け入れること」がコーチとして重要だと教わってきましたが、とても難しいです。自分とは異なる価値観が目の前に現れたとき、目を背けないようにしたいと思います。

課題② 失敗した自分のことを許せるようになること

失敗を恐れないタイプですが「失敗した自分を許せないタイプ」です。負けず嫌いもほどほどにしないと、身がもちません。自分を大切にしながら個人事業主していきたいと思います。

課題③ 仕事のために自分を犠牲にしないこと

自分がいなくても誰も困らないし、世界は何事もなくまわっていきます。対人サポートは終わりがないのでついつい無限に働きがちです。過ぎたるは及ばざるが如し。自己満足からの脱却を図ることを目指します。

課題④ 対話を恐れないこと

対話力が低ければコーチとしての成長がないと頭ではわかっているものの、対話は感情消耗が激しい(=疲れる)ので避けがちです。でも、ここぞと言う時はしっかり相手と対話して、自分の信じた道を堂々と歩みます。

課題⑤ サードプレイスを大切にすること

家庭でも職場でもない第3の居場所が、結構自分の健康に役立つと知りました。自分が心身ともに健康で、活力ある日々を送れていなければ、誰のこともサポートできません。陶芸やって、ハイキングして、野菜づくりを楽しみたいと思います。

以上です。

皆さんにとっての2022年、すばらしい一年になりますように。

(完)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
シリウス政岡
トライアスロンコーチとして活動しながら、健康経営プログラムの開発や心身の健康づくりサポートをしております。趣味は陶芸と農業です。チームシリウスジャパン代表。個人事業主。https://teamsirius.jp