見出し画像

#4  「つながり」が健康と長寿に効くらしい話

こんにちは。シリウス政岡です。

コロナ疲れもMAXな今日この頃。皆さん、いかがお過ごしですか?私は元気にクチュクチュやっています。畑の草刈り、陶芸の窯探し、トリガーポイントの研究・・。コロナの少ない場所で生きております。

またおかげさまでお仕事も伸び伸びやらせて頂いています。「フリーランス、首の皮1枚だけど頑張って。生き延びて」とお客様に励まされる日々です。皆さんだって大変なのに、なんだかすみません。感謝の気持ちでいっぱいです。

(↓)畑にて。これではモテない。

画像1

(↓)20年ぶりに物欲が芽生えた。陶芸用の窯。30〜50万(涙)

画像3

(↓)胸鎖乳突筋のトリガーポイントの研究中。

画像4

#コロナのせい、で色々シンドイ時期ですが、ストレスをうまく発散しながら乗り越えたいですね。そして思うのは「こういう時に頼りになるのは、結局つながりなんだなあ〜」ということ。弱いつながり、強いつながり。あなどれません。

最新の予防医学では「つながりが少ない人は死亡率が2倍になる」「たくさんのつながりを持つほど長命である」「女性が長生きなのはつながりを作るのが上手なことも関係する」ことが実証されています。

特に女性が(男性よりも)長生き説、めちゃ分かります。奥さん死ぬと旦那すぐ死ぬけど、旦那死んでも奥さんずっと生き残る。言葉悪いですが、あの現象ですね。近所でも知人間でも多発中です。悲しい哉、真実です・・・。旦那ファイト!

というわけで、本日はつながりと健康の関係性について、自らの例に照らし合わせて考えてみようと思います。参考文献として「友達の数で寿命は決まる〜人との「つながり」が最高の健康法〜(石川善樹氏)」と使用させて頂きました。

1、孤独は喫煙よりも身体に悪い

画像6

指導現場で「喫煙や運動不足はよくないですね」と言いながら、本当は「つながりを作る方が健康に良い」ことを少し前から知っていました。けれども私なんかがそういうことに言及するのも良くない気がして、伝えていません。

ただ、やはり「つながり」が健康にもたらす影響は大きく、日本の健康づくりの基本指針にも「社会全体が相互に支え合いながら健康を守る環境を整備すること」が明記され、健康のために「つながり」を大事にしようと言っています。

でも「つながり」って簡単に言うけど、SNSがあるせいか、苦手だったりシンドイ人もいる気がします。実は私もそっちのタイプで「つながらないこと」を選択する日も多いです。「めんどくせえ」と感じてしまう(笑)

ただ、やっぱりそれでは寿命が縮んじゃうので、丁寧に1つだけですがコミュニティを育てています。それが自ら代表兼コーチを務めるトライアスロンチームです。チームシリウスジャパンと言います。

2、コミュニティには責任ある立場で属した方が長生きする

チーム選手には秘密だけど(笑)あるコミュニティに責任のある立場で所属しているメンバーと、役職のないメンバーを比較してみた結果、役職付きの立場で属しているメンバーの方が死亡率は10%以上下がるそうです。

だから!というわけではないのですが(笑)今年でチームを立ち上げ8年になります。元々、一匹狼・放浪者・傍若無人な政岡が他人のペースに合わせ、関係性を構築するのは想像以上に骨が折れます。難しいです。

けれどもチームの「HUB(ハブ)」になることは私にとって(お金ではない)大きな利益をもたらします。生きがいも増すし、多様性に富んだ仲間と出会うことができます。そして「屈託のない仲間と過ごす時間」が私の寿命を延ばしています。

画像7

3、「つながり」は質より量を追求すべし

けれどもどうやら親しく緊密な「つながり」ばかりにこだわることは良くないそうです。なぜなら深い「つながり」があると、他の「つながり」が作りにくいからです。日本ではどちらかというと「つながり」が濃くなりすぎてしまうそうです。

ムラ社会的な単一で均一性の高いコミュニティにしか属していないと、ママ友同士の仲間ハズレや学校でのいじめなどにも発展し(私はママになったことがないので分からないけど)友達のママは「鬱になりそう」と言っていました。OMG。

基本的には多様なコミュニティに所属していることが自分を救い、健康にもつながります。例えば会社で大きな失敗をしても、仕事以外のコミュニティに属していれば、そこで自分の自尊心とアイデンティティを保てる可能性が高まります。

4、政岡、どうする?

41歳になり「つながり」が大切なことはわかるものの、ついつい気の合う仲間と過ごしてしまう今日この頃。ここらで一発かまして、自ら、積極的に、誰かと「つながり」に行かねばなあと思っています。

そして、最近「ビビビ」と来るのは、これなんです(↓)

画像7

オンライン会議アプリを使った「政岡によるオンラインストレッチ」です。事情があって家から出られない人や運動不足な人、テレワーク中の人、プチうつの人、介護で忙しい人などと画面上でつながれたらいいな、なんて妄想します。

では皆さん、ごきげんよう。くれぐれもコロナとはつながらないように。

(完)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
トライアスロンコーチとして活動しながら、健康経営プログラムの開発等をしております。趣味は陶器収集(萩焼と笠間焼)です。チームシリウスジャパン代表。https://teamsirius.jp