海底の【光ファイバーケーブル】を使って地震を検知することに成功 地震対策のターニングポイントとなる?
見出し画像

海底の【光ファイバーケーブル】を使って地震を検知することに成功 地震対策のターニングポイントとなる?

本日は最新おもしろニュース

海底の光ファイバーケーブルを利用して地震を検知する

海底に地震検知器機を配備・維持するのは難しく、莫大な費用がかかります。
そのため水中地震観測所の数は少なく、世界中の地震をカバーすることは出来ません。
そこでアメリカ・カリフォルニア工科大学に所属する地震研究チームはGoogleの研究者と共にGoogleが所有する1万kmの光海底ケーブルを利用して地震を検知可能なのではないかと仮説を立てたようです。

現在、世界中の海底には合計100万km以上の光ファイバーケーブルが張り巡らされていて、他の通信技術に比べタイムラグが少なく品質が高いので国際映像中継・国際電話・インターネットといった国際通信の99%を担っています。
研究チームは海底ケーブルに加わる圧力とひずみの変化を測定し地震や嵐を検知することで、9か月間で嵐による海のうねりを約30回とマグニチュード5以上の地震を20回検知できたようです。
これには2020年6月に発生したメキシコのオアハカ州沿岸沖のマグニチュード7.4の大地震も含まれていたとのことです。
Googleの光ファイバーケーブルだけでも1万kmに及ぶ海底の光ファイバーケーブルですが、他の光ファイバーケーブルも合わせると100万km以上に渡るそうです。
その為そのほんの一部をセンサーとして使用することができれば地震データの量と範囲が大幅に改善されるようになるとのことです。

地震大国と言われる日本に住んでいるボクたちは常に地震と隣り合わせで暮らしています。
その為、地震が発生する数分前に緊急地震速報がスマホに通知されたことがある方も多いのではないかと思います。
もし光ファイバーケーブルで地震を感知し光の速さでそのシグナルを通知できるようになると被害を最小に抑えることも可能になるのでしょうか。


嶋村吉洋(ワクセル主催)
social business community ワクセル
嶋村吉洋オフィシャルウェブサイト
Twitter
Instagram
facebook

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます! よろしければフォローもお願い致します。
ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』を主催しています。投資家。ワクセルは、未来を切り拓く人たちが集まり、世の中をワクワクでいっぱいにし、これからの社会を創ります。 ▶️https://www.waccel.com/