ロボットによる食インフラ!?
見出し画像

ロボットによる食インフラ!?

本日も最新ロボティクスニュース!

食のインフラを提供する調理ロボットを開発=テックマジック白木裕士社長

プロントコーポレーションが年内にオープン予定の新業態のパスタ専門店に、業務用ロボットのベンチャー企業【テックマジック】のパスタ調理ロボが納入されるとのこと。

【テックマジック】は、2018年に設立した、外食産業向けに調理ロボットを開発するスタートアップ企業です。
人手不足を助け、熟練の調理技術を再現する“料理の鉄人”を目指しているとのこと。

今回は、『一気通貫の調理ロボ』という意味で、日本初。

・注文を受け付ける
・冷蔵庫から面を湯麺機に入れる
・その間別の冷蔵庫に入っている具材をフライパンに入れてIH加熱器で混ぜ合わせる
・湯切りした麺とあわせてでき上がり

ここまでの工程を、なんと人間が行う場合より半分のスピードで実行!
ベテラン調理人のノウハウもデータ化しているらしいので、料理のクオリティも高くなっていきそうですね。

このほか、工場等で業務用ロボの導入を行うことで、省人化も図っているとのこと。
これから注目のスタートアップですね。

TechMagic株式会社

ホームページに詳細が記載してありますが、
『ロボットによる持続可能な食インフラを創る』とのことで、今後も期待ですね!

嶋村吉洋(ワクセル主催)
social business community ワクセル
嶋村吉洋オフィシャルウェブサイト
Twitter
Instagram
facebook

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。
ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』を主催しています。投資家。ワクセルは、未来を切り拓く人たちが集まり、世の中をワクワクでいっぱいにし、これからの社会を創ります。 ▶️https://www.waccel.com/