見出し画像

IPO準備ベンチャーのコーポレート人材を増やしたい!と思っていたら、自分が経理マンになっていた。

たわらや けいすけ

自己紹介

何のことだ?というタイトルですが、簡潔に説明すると「IPO準備ベンチャーのコーポレート人材紹介支援を行っていたが、自分自身が実際にIPO準備ベンチャーの経理マンとなった」という話です。

さて、なんのことだか意味わからん、という方もいると思うので、まずは私の自己紹介がこちら↓

私の簡単な経歴をお伝えすると、重機メーカー営業マン→ベンチャーコーポレート業務(少々)→エージェントとなるのですが、直近はIPO準備企業のコーポレート人材に特化した人材紹介を行っておりました。

課題感への取り組み

そこで課題として感じていたのが、「とにかくコーポレート人材が不足している。。(特に経理財務人材)」でした。

課題として感じていたことは多くの人に共感して頂き、少しでも課題解決への取り組みに貢献したいと言って頂ける方が徐々に増えている所でありました。

(課題感や想いなど、年末に書いた記事がこちら↓)

日々感じていた、「IPO準備ベンチャーにおける経理財務人材の不足がクリティカルに企業成長に直結する」という課題をどうにかして解決したい。という想いで業務に励んでおりました。

2021年が始まり、日に日にクライアント様からのご相談を頂く機会も増え、中々ご期待に沿えることが出来ずにいる現状は続き、我々も何か出来ることはないかと様々な取り組みを少人数ながら行ってきました。

インタビュー記事を中心としたメディア作成や広告の展開、ウェビナーの実施など少しずつJAPAN FASという会社を知って頂ける方が増えていたのではないかと思っております。

(インタビュー記事を中心としたメディア作成↓)

突然持ち上がった話

そんな中、とあるクライアント様との打ち合わせをきっかけにひょんなことから話が進み、不思議なご縁で、私自身が経理マンとして参画する話が持ち上がりました。(いずれどこかで経験をしてみたいなーと心の奥底で思っておりましたが、思いもよらないタイミングで少し動揺)

そこで悩んだ点が大きく2つありました。

①今このタイミングなのか?
②経理としてパフォーマンスを発揮出来るのか?

①に関しては最終的に今しか出来ない、という想いで決断しました。

②に関しては気持ちで乗り切るしかないという謎の精神で悩むのを辞めました

突然持ち上がった話の結果

様々なことがありましたが、結論から言うと、IPO準備ベンチャーの経理マンとしてジョインすることになりました。(簿記2級の経理経験ほぼ0に近しい)

5月1日より勤務場所も働くメンバーも大幅に変わり、新しい挑戦になりました。

※ただし、経理としての業務をフルコミでやる訳ではないので、これまでのエージェントとしての業務も細々と並行してやっていきます。が、メインとしては経理マンとして日々頑張ります。

今後出来る様になること

ただのエージェントではバリューがないと前々から考えていました。(決して批判している訳ではないです、ただの自論です)

これまでは、「大手もベンチャーも経験していて、"なんとなく"ベンチャーでの働き方(コーポレート)とIPOをわかっているエージェント」でありました。

今後は、「実際にIPO準備ベンチャーで経理財務業務を行い、リアルに実体験でIPO準備ベンチャーで働くことについて語れる」という風になっていけるかと思っております。

実際に経験することで、より多くの人にベンチャーで働くことの魅力について伝えていくことが出来ると思いますし、もっともっと挑戦して頂ける方を増やしていきたいと考えております!

今後の取り組みについて

これまではエージェント業を通じて、課題感を解決すべく取り組みを行ってきました。今後は自分にしか出来ない取り組みを行っていきたいと思います。主に下記4つを考えております。

❶経理メディアの運用(インタビューを中心に引き続き)
❷経理に携わる方々のコミュニティ運用(引き続き)
❸IPO準備に携わる経理マンの勉強会、ウェビナーの開催
❹転職相談

是非今後の取り組みについて、皆さんとご一緒に(ご相談させて頂く事も)楽しんでいければ嬉しいです!

どうぞよろしくお願い致します!!
Twitterで日々の苦労を呟いていきますので、フォローもよろしくお願いします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!