飽き性で忘れっぽい性格は父親譲り

わたしは今までゲームのキャラと弟のアレルギーが発覚して2週間で手放すことになったうさぎ以外に「名付ける」という行為をしたことがない。

そのほんの数回の経験でもそこそこ悩んだのだから自分の子どもなんて相当な悩みようだろうと思っていた。

思っていたのだが、わたしの名前の由来は少々スタンダードから外れていた。

先にわたしの想像するスタンダードを話しておくと、どんな人になってほしいとか、生まれた季節とか、音の響きとか、画数とか

そのあたりだろうと思う。

わたし、父の実家の犬。

この事実は小学校3年生で出た「自分の名前の由来を調べましょう」という宿題をきっかけに知ったのだが、その年でもこれが中々の変化球だということはすぐに解った。

もっと詳しく理由を聞けば納得できるのかもしれない...

そんな期待を込めて父親に理由を聞いたら、


「名前を呼んだときに犬と◯○(わたし)が一緒に駆け寄ってきたらかわいいんじゃないかと思って」

と返ってきた。

シンプルすぎて一瞬「なるほど」と思ってしまったが、やっぱり普通ではない。
というかそれはもう一匹ワンちゃんを迎えるときの名付け方ではないのか。

幸運にも人に近い名前の犬でよかった。

プラスで情報を付け加えるとわたしの父は真面目で無口で無愛想なタイプだったので、わたしは「あの父が飲みの席で決めたみたいな理由で名前を付けたのか」という部分でも衝撃を受けた。

ちなみにこんな理由で付けておいてわたしと犬が一緒に駆け寄ってくる映像や写真は残っていない。

#名前の由来

この記事が参加している募集

名前の由来

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。