Tatsue KOBAYASHI

🇯🇵↩︎🇦🇺 映画をつくる人📸✒︎noteでは、ショートフィルム「ラムネ」製作ノート、シナリオ勉強の記録、エッセイなどなど書いてます

シナリオチャレンジ

映画やドラマのシナリオの書き方を勉強する記録です。

すべて見る
  • 33本

ぶつかる〔本科第7回課題〕

もう年の瀬ですね。 今年のはじめにシナリオチャレンジを始めて、もうすぐ1年が経とうとしています。 これが今年の19本目です。 来年は何本書けるのでしょうか?そろそろ目標も立てたいなと思いつつ。 最近の課題は、主人公が周りに翻弄され、コロコロと転がるようにお話が進んで行っている気がしたので、今回は主人公の望み・目標を作ろうと思ってお話を考えてみました。 そもそもドラマというと、主人公が目的を達する経緯を描くものだそうなので、本当はこうやって構成を考えないといけないのですが。

スキ
2

壊れる〔本科第6回課題〕

本科のシナリオ課題はこれで6つめ。 11月も、10月に続き4本書きたかったのですが、2本で終わりになりそうです。残念。 12月は3本は書きたいです。がんばろう。 タイトルって、私はお話を全部書いたあと一番最後につけることが多いのですが、文章にしても映像にしても観る人が一番最初に目にする情報ですよね。 言ってしまえば一番最初のネタバレ。 作品のテーマを持ってくるとか、全体を表してみるとか、セリフの一節を入れてみるとか、作品を彩るやり方は色々あるんだろうなと。 自由度が高いがゆ

スキ
5

かけあい〔本科第5回課題〕

シナリオ通信講座、5つ目の課題を投函しました! 基礎科(全12課題)と違って、本科は前期と後期に分かれています。 前期は全部で10課題なので、前期の折り返し地点です。 こうやって「半分きた」「あと3分の1!」とか、その度にしょっちゅう書いているのですが、こういう言葉で自分を励まして修了までがんばりたい一心なので、大目に見ていただけると嬉しいです。笑 課題のシナリオは添削前のものを現在全て公開しています。 → 基礎科12課題(今年の1〜7月に書いたもの) → 本科1:あの頃

スキ
3

つなぐ〔本科第4回課題〕

10月からシナリオチャレンジは通信講座の本科に進級しています。 そしてひそかに目標としていた、10月中に4本書きあげるというのを達成しました! 昨日(10/31)投函したのでギリギリですが、週に1本のペースで20枚シナリオを4回続けられたことが純粋に嬉しいです。 課題のシナリオは添削前のものを現在全て公開しています。 → 基礎科12課題(今年の1〜7月に書いたもの) → 本科1:あの頃みたいに → 本科2:Cマイナーの恋の歌 → 本科3:天才ハカセの発明 通信教育なので、

映画と私とエトセトラ

すべて見る
  • 18本

立て続けにドキュメンタリーを観ています

昨日のnoteにも書いたように、最近ドキュメンタリーが面白くて、立て続けに観ています。 今日観たのはNetflixの「世界の"今"をダイジェスト」(原題:Explained) 1話20分ほどの番組で、シリーズになっています。 大学院にいた頃、ドキュメンタリーの授業も受講したけれど、授業で観た作品たちはどれもクセのあるものばかりで、あまり好きになれませんでした。 でも最近観る作品はよく練られていて、没頭して観られるものばかり。 今日観たトピックは、「水の枯渇問題」でした。

スキ
4

ドキュメンタリーを面白くするのは編集なのかもしれない

最近立て続けに海外制作のドキュメンタリーを観ていて、編集が圧倒的に面白いです。 というか、編集のおかげで飽きない。 トピックとしても刺さるものを取り扱ってるのは当たり前ですが、音と画面をとても効果的に組み合わせてるものばかりです。 CGを使ってSNSを使っている画面を再現したり、Twitterの画面と実際に撮った動画を組み合わせたり。 ドキュメンタリーの編集構成の仕方も、色々勉強したいなと思っています。 私のおすすめドキュメンタリーはこちら。 Queer Eye (Ne

スキ
4

「RBG - 最強の85歳」を観ました

米国の最高裁判所で判事として働く85歳の女性、ルース・ベーダー・ギンズバーグを追ったドキュメンタリーを観ました。 この映画のタイトルであるRBGは彼女の名前のイニシャル。 映画は彼女を通して、米国における現代の男女平等追求の歴史について描いています。 アメリカって、元から「自由」や「平等」がありふれているように感じられているけれど、実際には割と最近まで男女差別が合法とされていたことに驚きました。 賃金や軍における手当、扶養補助に関して、どちらかが不利に、「法律」または規則

スキ
2

記録のフォーマット

映像にしても写真にしても、今でこそデジタルが主流になりつつあるけれど、アナログフィルムがなくなったわけでは決してないんですよね。 むしろ懐古趣味的なところで今はフィルムカメラが流行ったりもしています。 昔誰もが持っていた「写ルンです」。 今、それで写真を撮る人、結構います。 現像、プリントと少しお金がかかるけど、かく言う私もその一人で、たまに持ち歩いています。 デジタルの写真とはまた別のものとして楽しんでいます。 映像に関しても、フィルムがなくなったわけではありません。

スキ
4

なんてことないライフログ

好きなものとか最近気になるものを並べます。

すべて見る
  • 72本

自分に合うもの探し

 最近、というか昔も流行ったかもしれないし、もしかしたらそういうのが良く目に止まる年代に突入したのかもしれないですが、パーソナルカラー診断、とか、骨格診断というのをよく目にします。 顔色や骨格で似合う服や色があるので、診断を基準に買い物をすると良いでしょう、というススメです。 パーソナルという名前がついているので、診断ができる人に個人面談で診断してもらうことが多いようですが、自己診断をされてる方もいるみたいです。 診断がわかると何が良いか、というと ・自分に合う色、素材、

スキ
2

いつの間にかの8月

ついこの間まで6月だと思っていたのに、あれよあれよという間に7月が終わり、今月が終わってしまったら年の暮れまであと3ヶ月という、なんとも不思議な時間の経過です。 去年はワクワクすることがものすごいスピードで舞い込んできていたので、早いなあと感じる間もなかったのですが、今年は去年よりゆっくりだと思いきや、早いなあ。 暑さがいよいよしんどくなってきたので、早く秋になってほしいと願うばかりだけど、そうするともうあと数えるほどで2020年になってしまうのでしょうね。 まだ気が早

スキ
2

好きなことをしている瞬間

本棚を整理していたら、大学生の頃、フラダンスを習っていた時の写真を見つけました。 近所の区民会館で毎週水曜の夜にお母様方に混じって習ったフラダンス。 大きなホールで踊った発表会の時の写真でした。 写真は、小さい頃から苦手でした。 うまく笑えないし、現像したものを見るとやっぱり笑ってないし、みたいな。笑 いまだに証明写真も嫌いだし、集合写真もなるべく避けたかったりします。 でも、この発表会の時の写真、めちゃくちゃ笑ってるんです。 自分で言うのもなんだけどめちゃくちゃ楽しそう

スキ
3

7月のおわり

先週の土曜日からドタバタ続きで、まだ7月を振り返れていないのですが、なんだか少し夏バテ感のある1ヶ月だったかなと思います。 6月の28のリストで毎日習慣付けた ・本を読む ・腹筋 ・朝ヨガ ・ハングル は、少しサボり気味になってきています。 一応一通りやってはいるんだけど、短縮版にしてみたり、といったところです。 バテているのはやっぱり暑さのせい、もあると思うんですよね。 梅雨が明けてからいきなりの夏。 それが日本らしさでもあるのだけど、湿気を含んだ重たい空気が温度を帯び

スキ
2

ラムネのしゅわしゅわ

短編映画「ラムネ」の裏側です。 撮影風景や映像特典などを掲載しています。 完成披露上映会は終了いたしました。 ※予定記事は全て更新済みです。 いつもご支援いただき、ありがとうございます。

すべて見る
  • 16本
  • ¥1,000

「ラムネ」のオフィシャルグッズができました

(有料設定になっていますが、全文無料で読めます。) 先日も少しnoteで書いたのですが、ショートフィルム「ラムネ」のオフィシャルグッズができました! 果たしてオフィシャルグッズと呼べるほどのものかはわかりませんが、suzuri.jpさんで作ったので、クオリティ的には問題ありません。 現在はステッカーのみの販売となっています。 (スマホケースは調整中につき、購入ができない設定になっています。ご了承ください。) 予告編はこちら↓ ウェブサイト:https://ramu

スキ
1
有料
100

いぶすき映画祭ありがとうございました

(※追記:8/5マガジンに入れました。有料設定になっていますが、全文無料で読めます。) 本日、ショートフィルム「ラムネ」をいぶすき映画祭のショートフィルムコンペティションにて上映していただきました。 残念ながら、受賞はなりませんでしたが、たくさんの方にご覧いただけ、またとても素敵なご感想をお聞かせいただけました。 ありがとうございました。 ハプニングで最後20秒ほどが流れませんでした。また機会があればご覧いただければと存じます。 このハプニングに関してはその後皆さまにご配

スキ
2
有料
100

【上映決定】9/6(金)あいち国際女性映画祭

(※マガジンに入れるために有料設定していますが、全文無料で読めます。) ショートフィルム「ラムネ」が、9月に名古屋で行われるあいち国際女性映画祭・実写部門にノミネートされました! 地元・名古屋での上映は、素直にとても嬉しいです。 開催概要「あいち国際女性映画祭 2019」 フィルムコンペティション・実写部門ノミネート 日時:2019年9月6日(金) 会場: ウィルあいち大会議室 (愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地) http://bit.ly/2NLJnu8 上

スキ
1
有料
100

【上映決定】いぶすき映画祭

(※マガジンに入れるために有料設定していますが、全文無料で読めます。) 先日に引き続き、嬉しいお知らせです。 来月末に開催されるいぶすき映画祭にて、ショートフィルム「ラムネ」の上映が決定しました! (おそらくこちらが初上映になるかと思われます) 開催概要「第2回いぶすき映画祭」 ショートフィルムコンペティションノミネート 日時:2019年7月27日(土) 会場: 指宿市民会館 (鹿児島県指宿市東方12000) https://www.ibusukimovieproject

有料
100

役に立ちそうなメモ

すべて見る
  • 8本

自宅でオトナの夏期講習

英語サイトでのオンラインラーニングを始めてみました。 実はこれが初めてではなく、Udemyには数年前に登録していました。 UdemyはBenesseが数年前に買収したようで、コースの定価もまあまあしますが、それなりにボリュームがあるので、しっかり学べる感じです。 定期的にセールで¥10,000以上するコースが¥1,000前後で購入できるので、購入するならセール時が狙い目です! かくいう私も、数年前、セール時に大量にコースを買ったはいいものの、おそらく買いすぎてあまり続きませ

スキ
1

思いついたらすぐやる

「いつかやりたい」と思ったその「いつか」は「今日」であるべき という内容の本を読みました。 自己啓発本なのですが、夢を叶えるためには「まず始めなくっちゃ」(「そして続けていきなさい」)ってことなんだと学んでいます。 そして今日、その「今日やる」を実践。 リビングに「私専用ボックス」を置いて雑貨類をひとまとめにしてみました。 ルールは、これに入らないものは部屋に片付ける。 リビングで作業することも多いので、自分の部屋から本やらノートやらどんどん持ってきて、リビングに積んで

【オススメ】ノートづくりを楽しくするプリンタ

少し前から気になっていたCanonのスマホプリンタ。 印紙がシールになっていて、バレットジャーナルやスクラップブックに大活躍とのこと。 「欲しい」と思い続けてはや3ヶ月。 理由をつけて、購入してしまいました! 早くもオススメです。 (試しプリントしてみたシールたち) スマホに専用のアプリをダウンロードし、Bluetoothで繋いで印刷するのですが、そのアプリ内では画像を分割して印刷が可能です。 ⬆︎写真の右下のものは他のアプリで分割編集したものをそのまま1枚で印刷しまし

スキ
4

気仙沼・オススメ観光スポット

ほとんど何も計画せずに行った気仙沼旅行ですが、現地で調べながら行き先を決めてもなかなか楽しめたので行ったところをご紹介します! 気仙沼に電車で行かれる方は現地で車を借りた方が良いかと思われます。 ※写真の転載はご遠慮ください。 ▶︎渡辺謙さんがプロデュースするおしゃれカフェ・K-port 気仙沼お魚市場のすぐ近く、フェリー乗り場のそばにあります。 俳優・渡辺謙さんが3.11の震災後、復興支援として作ったこのカフェ。素材にもこだわりがあって、日曜のお昼時は行列ができていま