見出し画像

神器戦士ミツマナコ

「ハル。ハルよ」

「あっ……」

 しまった、ぼーっとしていた。霞みがかった視界の中、神主様が微笑んでいる。

「すみません、神主様。ええと……」

 ──ヤバい、なんだっけ?

「疲れているかな? ほら、深呼吸」

 言われた通り深呼吸すると、意識が晴れてきた。僕はハル。ここは村の聖域。神主様に呼ばれて、ここにきた。

「ハルよ。ここに来てもらったのは他でもない。これを託そうと思うてな」

 思案する僕に、神主様はそれを──立派な鏡を差し出した。

「これこそ神器、<龍咫ノ鏡>」

 受け取ったそれはずっしりと重い。複雑な彫刻に囲まれた鏡面は見事に磨き上げられており、天頂部では龍が咢を開いている。

「この鏡なら、青龍様のお力を借りられる」

「青龍様?」

「守り神さ。この清流に連なるモノ……美しの水、繁茂する木々、生き物たちや、この村だって青龍様に支えられている。そうだろう?」

「あ……はい、そうでした」

 おかしいな。こんな大事なことを、忘れてたなんて。

「お前は選ばれたんだ。この地の守人にね」

「僕が、守人」

「そして、この地の柱となるのだ。なにせ……」

 その時の神主様の視線は──冷たく濁っているように見えた。

「そのために、お前を残しておいたのだから」

 その瞬間。

 鏡面から生え出た“なにか”が、僕の視界を覆い尽くした。

***

 二日後。

 ヒョロい黒づくめの男と、白装束のゴツい男。そんな二人組が川を覗いていた。

 先に口を開いたのは、黒い方。

「ひっでーなこの川。便所の方がマシな匂いするぜ?」

「奴の目撃証言があったのはこの上流だ。川全体が影響を受けていると思った方が良いな」

「んじゃ暫くこの匂いの中か……ウエー」

「人助けだ。我慢しろ」

「お前はいいよなぁ」

 二人は会話をしながら、上流──聖域へと歩いてくる。

 ──わかった。こいつらが、敵だな。

 僕は拳を握り、二人組を睨みつける。そして水中から飛び出そうとした──その時。

 黒い男の額で、第三の目がぎょろりとこちらを見た。

(つづく/800文字)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

🍑いただいたドネートはたぶん日本酒に化けます 🍑感想等はお気軽に質問箱にどうぞ!   https://peing.net/ja/tate_ala_arc 🍑なお現物支給も受け付けています。   http://amzn.asia/f1QZoXz

🍑🍑🍑🍑
26
日曜朝のヒーローものが好きな主が描く、「特撮小説」の数々。名付けて【ていたらくヒーロータイム】で僕らと握手!