見出し画像

魔法少女ミズハノ☆ウォシュレット

 我が家のトイレのカレンダーには、日付の下になにかの格言が書いてある。

 例えば1月6日は「明日を信じる」とか。1月21日は「ムダをはぶこう」とか。別にその日に因んだ一言とかではないようだ。1月1日は「正しい姿勢で」だし。

 そこでふと気になって、僕は自分の誕生日を見てみた……のだけど。

後ろを見ろ

「……は?」

 いやおかしいだろ。なんだこれ。後ろ? 反対側の壁? なんで?

 押し寄せる恐怖心。でもその最中に、好奇心。僕は大きく息を吸い込んで……ひと息に、振り返る。

「……おう」

 壁に、1文字。さっきトイレに入ったときはこんなものなかったはず。なかった……よな?

 それに従って、僕は視線を下ろす。足元には付箋紙。手書きの文字。

鍵を閉めて

「鍵?」

 ドアの鍵は、閉めていたはず。僕がそう思った、その時だった。

 ガチャガチャガタガタガタガチャ

「っっっ!?」

 扉が、ドアノブが、揺れる。誰かが外から開けようとしている!?

「ちょ、なに!? おかん!? 待って怖い怖い怖い!」

 声をあげるも返事はない。扉の揺れは激しさを増し、家全体を揺らさんばかり。そのせいで戸棚が開いて、トイレットペーパーやらが落ちてきた。と──

窓を見るな!

 文字が、見えた。窓? 便座に座ったままの僕からすると、真後ろ。見るな? なにを? と、混乱する僕の視線の先。

 窓から差し込む光に、影がかかった。

 ゆらゆら揺れている。こちらを覗こうとしているかのように。

 なんか、いる!

 トイレの揺れは激しさを増す。窓の外には謎の影。カレンダーが落ちた。カレンダー。そうだ、これが発端! なにかヒントがあるのでは──

ミズハノメを呼び流せ

「ミズ、ハノメ?」

 でも流すには窓の方を向かなきゃならない。そもそもミズハノメってなに?

流せ

「わ、わかったよもう!」

 僕はヤケクソ気味に振り返り、水洗レバーを引く。視界の片隅、窓には血の手形。蜥蜴のような瞳が僕を見た。

 直後、ジャァッと水が流れて。

 僕はそこに吸い込まれた。

(つづく/800文字)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

🍑いただいたドネートはたぶん日本酒に化けます 🍑感想等はお気軽に質問箱にどうぞ!   https://peing.net/ja/tate_ala_arc 🍑なお現物支給も受け付けています。   http://amzn.asia/f1QZoXz

🍑🍑🍑🍑
24
日曜朝のヒーローものが好きな主が描く、「特撮小説」の数々。名付けて【ていたらくヒーロータイム】で僕らと握手!

こちらでもピックアップされています

ていたらく出版
ていたらく出版
  • 178本

桃之字の書いた小説やそれにまつわるコンテンツのまとめ▼ 各作品の目次は【総合目次】を参照してください▼

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。