見出し画像

妖怪レジスタンス 第1話"神威アキラという男"

 "千人猛将"オルガンシュタインはその身を真っ二つに裂かれて斃れた。
 "鬼神"フュンフは全身を穴だらけにされて谷底へと墜ちていった。
 "蒼空無双"ベルグは成層圏まで吹き飛ばされ、塵となった。

「これを全て、人間が、ひとりで?」
 3年前まで新橋と呼ばれていた土地。倒壊したビル群を歩く高さ10mのロボット、"阿修羅"ベルセルクは、インポートされたデータを読んで呟いた。彼にデータを届けたドローンが戻り値<True>を返す。

 ゼロデイ…AI搭載のロボが人間に反旗を翻した日から、5年。彼らは軍を組織し、圧倒的な戦力で人類文明を破壊した。人類にはもう抵抗する者など居ないと結論付けていたが──
「…大したものだ」

「や、それほどでも」
 その声は、ベルセルクの足元から聞こえた。
「! 貴様ッ」
「八咫烏!」
 ベルセルクの言葉を遮り、その人間が叫ぶ。その背から黒い羽が生える。
 そして彼は、高度10mのベルセルクの眼前まで跳躍した。

(つづく)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
桃之字(制作本舗ていたらく)

🍑いただいたドネートはたぶん日本酒に化けます 🍑感想等はお気軽に質問箱にどうぞ!   https://peing.net/ja/tate_ala_arc 🍑なお現物支給も受け付けています。   http://amzn.asia/f1QZoXz

オレモー!
日曜朝のヒーローものが好きな主が描く、「特撮小説」の数々。名付けて【ていたらくヒーロータイム】で僕らと握手!