見出し画像

CB1100R写真集

CB1100Rです。
タサキチューニングの主な作業内容は、エンジンオーバーホールです。本来の力を取り戻し、素晴らしく良く走るようになりました。音も良いです。車体のレストアは今回当社では行っていません。

何度か書いていますが、この車両は他店からの引継ぎで、エンジンはバラバラ、車体は外装を除きほとんど組まれた状態で、そこについては再度ばらしたりせず外から見て気づいた点の修正、増し締めをした程度です。

マフラーやキャブレターは最初からついており、エンジン本体は当社でレストアしましたが、外装、フレーム、エンジンのカバー類(ヘッドカバーやクラッチカバー、金色のカバーなど)は入庫した時点であらかじめ塗られており、綺麗だったため、そのまま再使用しました。

エンジン右側のジェネレーターなどはあらかじめ社外品が使用されており、そのまま使用しています。
キャブレターはパッキン類がダメになっていたため全バラし、交換しています。

オイルクーラーがなくなっており、代わりの良いものがなかったため当社で製作しました。意外と寸法的に余裕がなく予想ししてより製作は大変でした。クラッチ操作がしにくかったため、その辺も変更しています。

きれいに塗られている外装は白の部分はオリジナルから変えてあるそうです。フレームなども綺麗に塗られておりきれいです。おそらくパウダーコーティングだと思いますが、赤色はパウダーコーティングも良いと思いました。

エンジンオーバーホールついでにエンジンマウントボルト類をクロームで再メッキしたので、印象がずいぶんよくなりました。こういうことは勝手にサービスで行っています。エンジンだけ綺麗でマウントのボルトが汚いとバランスが取れず、印象が悪いので。

他店からの引継ぎは何がどうなっているか状況が解らず、難しいことになることが多いですが、ばらされてそのまま数年にわたり何の計画もなく放置、などという事は良く聞きます。もしこのCB1100Rのように、そういうことで困っているという方がいらっしゃいましたらご相談に乗れます。

ただ、取り扱い出来ない車種もありますので、その場合お断りすることがあります。お問い合わせはいろいろ考えずお気軽に。今回のCBのように名車がバラバラではもったいなさすぎます。大概なんとかしています。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

画像12

画像13

画像14

画像15

画像16

画像17

画像18

画像19

画像20

画像21

画像22


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1