見出し画像

YouTube動画制作は難しい

周りのYouTuberの皆さんのクオリティが高くて、真似して始めてみたけど自分の動画を見るのが辛いのでどうにかしたい、というお話です。

きっかけ

画像1

前回紹介した、UNIQLO Uのウィメンズのトレンチコート。

すごく良かったので、ときどき更新しているYouTubeチャンネルでも紹介することにしました。

ロングコートだから、いつも撮影している6畳の僕の部屋では距離が足りません。というわけで、雪がちらつく5℃の気温の中、近くの公園で試しに撮ってみたのがこちら。

最近はiPhone(11Pro)で撮ってiPhoneでサクッと編集するスタイルにしてたから、今回もインカメラで撮影してみたけど…画質は悪いし露出は明るすぎるしで、事務所の鏡で撮った冒頭の写真に比べると、ぜんぜんファッショナブルじゃない…!

画像2

同時に撮っていた静止画をVSCOでフィルタをかけてみたけど、やっぱり辛い気がする…。ポージングも悪いと思うけど、それはそれで直すとして、いったい、どうすれば良いんだろう?

うまく動画が撮れないのが気になって仕事が手に付かないので、この記事を書きながら脳内会議してみることにしました。

大人しくカメラを使ってはどうか?

僕は写真の仕事もしているので、仕事用にこのカメラを持っています。
じゃあなんで使わないの?と言われると、

・液晶がバリアングルじゃないから自撮りに向かない
・iPadやMacにデータを転送するのが面倒
・できればiPhoneで完結させたい

といった、大まかに言うと「めんどくさい」という理由がありました。

液晶についてはストロボマウントに自撮りミラーを付けて対策はしてるけど、iPhoneで撮影して→「InShot」という動画編集アプリでの編集して→そのままYouTubeにUP、という流れを一度体験してしまうと、快適すぎてiPadやMacで編集したくなくなるんですよね…。

書いてるうちに、α7iiiで撮影してiPhoneで編集すればよくない?という気もしてきたけど、そこまでやるなら普通にAdobe Premiereで編集したほうがいいかな…4年ぶりにM1 MacBook Airに買い替えたことだし、前よりは編集が楽になるはず。

…めんどくさいけど、ファッション目的なら大人しくカメラを使うのが良さそうです。周りのYouTuberの人を見ても、iPhoneで撮ってるのは景色とかがほとんどだもんな…。

でもカジュアルに更新したい

でも、元々、僕のYouTubeチャンネルはこのブログの映像版、というのがコンセプトで、もっと手間を掛けずにカジュアルに更新したい、という思いもあるので悩みます。

実際、この動画なんかはiPhoneで完結させてるんですよね。
上手い人を見ればキリはないけど、これぐらいの方が自分らしくていい気もする…。

そもそも、再生数を稼いで有名になりたいとか、お金を稼ぎたい、という目的ではなくて、遊びの一環だから、やっぱり気軽な方が自分には向いているのかも。

そう考えたら、失敗だと思った動画も、一度完成させてみようという気持ちになってきました。やるぞー!

(また次回に続きます)








嬉しいです!ありがとうございます!
11
福岡のフリーランスデザイナーがお届けするひとりWebメディア。デザインのこと、好きなもの、音楽、街のことなどを、そのときの気分で紹介していきます。 https://taromisako.com