充電不要・キャッシュレス決済できるスマートリング「EVERING」を体験してきた
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

充電不要・キャッシュレス決済できるスマートリング「EVERING」を体験してきた

「スマートリングの取材に来ませんか?」

ある日、届いた一通のメール。

デジタルガジェットは好きだし気になるけど、最近忙しいし…と思っていたら、会場は僕の仕事場の隣のブロック、横断歩道を渡った場所にある六本松蔦屋書店(福岡)!!
これなら行ける!と取材依頼を引き受けたのでした。

画像1

六本松蔦屋書店では2022年3月31日(木)までキャッシュレス&非接触決済機能搭載のスマートリング「EVERING(エブリング)」の特設ポップアップスペースを開設中。サンプルのリングを使って実際に決済の雰囲気を体験することができます。

今回はマーケティング担当の富重豪さん(写真上)にお話を伺いながら、実際に試してみました。

ハードウェアを物色

画像2

会場では全サイズをサンプルで試してみることができます。ラインナップはUSサイズで4.5〜13サイズの17種類。イギリス生まれのプロダクトなので、かなり大きめのサイズまでカバーしています。

画像3

僕の指に通してみた様子。色は艶のあるブラックで、最近気になっているJIL SANDARのイヤーカフに似た質感で個人的には好きです。裏面にVISAのロゴが同色で入っているだけで、余計なロゴや装飾が無いのもポイントが高いですね。

素材は医療現場でも使われるジルコニアセラミック製。厚みがちょっと気になる(2.9mm)のは好みが分かれるところだと思いますが、ICチップが入っている関係で今はこの厚さが限界なんだそう。もっと薄くなると、ユーザーの裾野も広がりそうです。

気になるポイント、充電不要

個人的に一番気になるポイント。EVERINGはなんと充電が不要です。カードリーダーからの電波に反応する仕組みのため、電源が必要ありません。もちろん防水設計で、着けっぱなしでの手洗いやお風呂もOK。

個人的には今年からApple Watch+PayPay決済を使っていて、スマホを出さない決済のスムーズさにすっかり夢中なのですが、毎日充電しないといけないのだけがネック。EVERINGなら充電レスで365日使えるのは嬉しいですね。

また、富重さんによると特に女性はスマートウォッチに抵抗のある人が多いので、そういう意味でよりコンパクトな決済対応のスマートリングに注目が集まっているようです。確かに「時計は絶対アンティーク!」とか、こだわり派の人には良いかも。

入金は専用アプリで。利用停止もいつでも可能

画像4

リングへの入金は専用のアプリから行います。1000円〜30000円をチャージして使う形で、オートチャージにも対応。ここから使用停止もできるので、リングを紛失した場合も安心です。カードはVISAだけではなく、主要なカードに対応しています。

非接触の決済を体験

画像5

では、実際に決済の雰囲気を体験!…と思ったら、片手でリングをかざしながら片手で写真を撮るのが難しかったので、PRの藁科さんに試してもらいました。なんとなく手を上向きにパーの形にするイメージだったのですが、実際は下向きのグー。これぐらいの距離で反応してくれます。見た目はかなりスマートだなと思いました。

4年間の製品サイクルと、19800円の価格をどう見るか

画像6

EVERINGのコンセプトブック

EVERINGの気になる価格は税込み19800円。また、4年間という決済有効期限があります。
約2万円というと、現行の一番安いApple Watch Series 3の税込み21,780円とほぼ同額。期限もあるし、反響はどうかな…と思ったのですが、2021年5月に行った先行販売では約3000個が即日完売。7月の先行予約も数日で完売するなど、滑り出しは好調のようです。

4年間の期限については富重さんたちも心配していたようなのですが、iPhoneなどのガジェットも数年おきに買い換える人が多いので、問題ないのかもしれませんね。

おわりに

新型コロナによる生活習慣の変化だけではなく、利便性の面からも注目が集まっているキャッシュレス決済。ICカード、スマートフォン、スマートウォッチに続くもう一つの選択肢として、スマートリングも加えてみてはいかがでしょう。

会場では9月30日(木)まで予約手続きが可能。一般販売を開始した際に商品がお手元に届くそうです。

EVERING ​​特設ポップアップスペース

画像7

現在、六本松蔦屋書店を始め、以下の店舗でポップアップが開催中です。

<六本木 蔦屋書店、代官山 蔦屋書店、六本松 蔦屋書店、梅田 蔦屋書店>
~2022年3月31日(木) 
https://store.tsite.jp/roppongi/
https://store.tsite.jp/daikanyama/
https://store.tsite.jp/ropponmatsu/
https://store.tsite.jp/umeda/

※上記4店舗では、ポップアップスペース初日~9月30日(木)まで予約販売を行います。
※予約期間中は、ポップアップスペース内で予約手続きが完了後、一般販売を開始した際に商品をお届けいたします。
※日程変更になった場合は、ブランドサイト及びTwitterにて告知いたしますのでご確認ください。
※営業時間は各店舗のHPをご確認ください。

EVERING ​​公式サイト
https://evering.jp/


嬉しいです!ありがとうございます!
福岡のフリーランスデザイナーがお届けするひとりWebメディア。デザインのこと、好きなもの、音楽、街のことなどを、そのときの気分で紹介していきます。 https://taromisako.com