見出し画像

プロフのアイキャッチを作った時に気を付けたこと

どうも、Web・写真・筋トレ大好きマンのケンタロウ(@kentaro_koga)です

初めてのnoteです!!^ ^

いきなりですが、昨年タイに行った時にお世話になったユーキさん(@yukithaihalf)からプロフィール記事のアイキャッチの作成依頼を受けました


プロフ記事は既に公開されており、
めちゃめちゃバズっていてビビりますww↓↓↓


このプロフ記事が公開されてからしばらく経ちましたが、このnoteでは「上のプロフィール記事のアイキャッチを作る時に気を付けたこと」を紹介していこうと思います^ ^

*個人的に気を付けたことなので読んでいる全員に当てはまるとは言えませんが、少しは参考にはなるかと思います。

この記事を呼んで欲しい人
・アイキャッチを作る予定の人 / すでによくアイキャッチを作っている人
・アイキャッチの作成を依頼されてる人
・どんな流れでこのアイキャッチが出来たのか気になる人
・今ちょっとした空き時間がある人

3分ほどで読めるかと思います
では参ります〜^ ^


ーーーーーーーーーーーーー
プロフィール記事は普通のブログ記事ではない
ーーーーーーーーーーーーー

ブログをされている人はアイキャッチを作ったり、記事の内容にあった写真を入れたことがあるかと思います。

例えばこんな感じ

この記事の場合は記事の内容を簡略化したアイキャッチ(Before & Afterだけ)を作りましたが、アイキャッチ内にタイトルを丸々入れることもあります。(写真だけの時も多々あります)

でも個人的にプロフ記事はちょっとアプローチが違うと考えています

ブログ記事のアイキャッチと、プロフ記事のアイキャッチの違いは?*個人的見解

ブログ記事のアイキャッチ
・記事の内容 / 雰囲気に合わせて作る
・「3 Tips for Photography」とか「旅ブログの書き方」などタイトルや記事内容をわかりやすく簡略化したものが多い

プロフ記事のアイキャッチ
個人的な記事なので自分の好きな写真を使いたい(主に自分の写真や思い出の写真など)
・自分のストーリー / 記事の雰囲気に関連するものを使う

ここで大事なのは「個人的な記事」という点です

自分の人生ストーリーをたくさん書いているなら尚更「自分の写真・好きな画像」を使いたいはずです^ ^

大事なのは「自分が納得する写真(アイキャッチ)かどうか」です

個人的に、特にプロフ記事には「本人の好きな写真・納得している画像」を使って欲しいので、「本人の要望をできる限りアイキャッチに落とし込んでこう」と考えました。
*もちろん普通のブログ記事でも本人の要望は大事ですがww


ーーーーーーーーーーーーー
今回のアイキャッチの作成で気をつけたこと
ーーーーーーーーーーーーー

さて、ユーキさん(@yukithaihalf)のプロフ記事のアイキャッチの作成するに当たって気をつけたことは以下になります

・本人の要望に可能な限り全部答える(of course)
・細かい違いでもたくさん案を出す
・1つ推しとかせずに、いろんな案の中から選んでもらう
・アイキャッチのサイズ

*どれも当たり前かもしれませんがこんな感じです

タイに行った際に色々お世話になっており、giveしたかったので「お金は必要ないです」と言ってましたが、もちろんちゃんと責任感を持って、仕事の合間に時間を作りながら作業に取り組みました。

・本人の要望に可能な限り全部答える

TwitterのDMでアイキャッチについて色々聞きました
結構ゆるい感じですw(DMの一部↓)

他の聞き出したユーキさんのご要望もまとめると

・記事の内容(感動系)に合わせた雰囲気
・柔らかい感じ
・かっこよさは0
・がっつり編集はしないでよい
・シンプルで切ない感じ
・タイトル(全部)を入れる

いただいた写真はこちら↓

この写真のユーキさんの右側にタイトルを入れる感じです

こうやって最初にヒアリングでご要望などを聞き出します^ ^
ユーキさんとは結構ゆるい感じでDMしながら聞いてました。

・細かい違いでもたくさん案を出す

少しでも変更を加えたら画像を書き出して送信していました。
色々見ていく中で作業の工程もだいたい見えるし、方向性が違えばすぐに分かります。

今回は最初に迷走してしまったので、たくさん画像を送ってしまいました。。。

・あまりゴリ押しせずに、案の中から選んでもらう

色々出す中で、一つをゴリ推ししたりせず、あくまでも選ぶのはご本人でご本人が納得したものがあれば使ってもらう感じです。

自分の納得していない画像を自分のプロフに載せたくないですよね。

なので最悪「納得できるものが無ければ使わなくて大丈夫です」とも伝えてました
*もちろん納得してもらえるようなものを作る為に色々工夫しましたし、色んなバージョンを出しました。

・アイキャッチのサイズ

アイキャッチはSNSでシェアされた時にSNS上で表示されますよね。

そこで大事なのが「画像のサイズ・比率」です。

「 1.91 : 1 」がFacebookで「 2 : 1 」がTwitterのアイキャッチ(Large Summary)のサイズです。

なので今回はその比率でもちゃんを見えるように作っています。

サイズを確認するには、さるわかくん(@saruwakakun)さんの「アイキャッチ 画像サイズチェッカー」が便利です^ ^

とりあえずスマホ中心で、Twitter(Large Summary) / Facebookでちゃんと表示されるように気をつけました。

ーーーーーーーーーーーーー
出した案とざっくりの流れを少し紹介
ーーーーーーーーーーーーー

第1案の中の一つはこちら

柔らかい感じが無く、かっこいい感じになってしまいましたww
背景がごちゃついているので文字を重ねるのに迷っていたら写真のクールな感じに寄ってしまい迷走しています(笑)すいません。。。

写真がクールなので文字の雰囲気を柔らかくしたりボカしたりして、かっこいい感じではなく柔らかい感じにしました

少し雰囲気を変えてみる

柔らかい雰囲気にはなりましたが、写真のサイズの関係で左が空き過ぎていてバランスが少し悪くなっています。。。なかなか難しいですね

ここで軌道修正です
・あまり2つ目の文章は強調しなくて大丈夫
・ズームしなくてオッケー
・写真自体がクールな感じなので変更

サイズ的にズームしないとシェアされた時にはみ出てしまうのでなかなか苦戦しました。

iSaraの皆さんから「笑顔の写真がいい」というご意見をいただいたので写真をここで変更になります^ ^

明るい感じで笑顔のある写真に変更です^ ^

いただいた写真はこちら

ここでのご要望は
・引き続き明るい感じの柔らかい雰囲気で
・ユーキさん以外の方をどうにかして隠す
・2つ目の文は強調しなくて大丈夫

ここで問題が・・・
ユーキさんの右側のケースケさんとマナブさんはタイトルで隠せますが、ショーへーさん(@showheyohtaki)が左側に座っているのでどうするか悩みましたww

ちょっと冗談を挟みながら「タイトルの枠をショウヘイさんのとこまで突き抜けさせる」という解決策が出たのでやってみました^ ^

こんな感じ

*Photoshopでユーキさんだけのレイヤーを作って選択範囲の境界線をぼかしてタイトルのレイヤーの上に重ねています。
柔らかくフワッとユーキさんが浮き出ている感じにしました^ ^

文字がまだ読みにくいので、少し白を濃くします。

文字は読みやすくなりましたが、1つ目の文と2つ目の文の間に隙間が空いているので線を入れました。
*全部の文を同じ間隔で並べてもよかったですが、「21歳で起業して月収800万稼いだ僕の半生を語る。」で一度切れているので分けました。

こんな感じです

シェアされた時の表示はこんな感じです。

これで以下のことは満たせたのかと思います

・記事の内容(感動系)に合わせた雰囲気
・柔らかい感じ
・かっこよさは0
・がっつり編集はしない
・シンプル
・タイトル(全部)を入れる

こんな感じでユーキさんのプロフ記事のアイキャッチの完成です^ - ^


ーーーーーーーーーーーーー
最後に
ーーーーーーーーーーーーー

アイキャッチを作りだす前に、雰囲気を掴む為にプロフ記事を読ませていただきましたが、内容がハンパなくてすごくプレッシャーでしたww

最初の方は迷走しちゃって、なんか納得いかない画像になってしまいましたが、1発目からイメージをピッタリのものを作るのは難しいので、そこから擦り合わせていくのが大事ですね^ ^

色々と勉強になりましたし、こんなに素晴らしいプロフ記事のアイキャッチを作らせていただけてシンプルに嬉しかったです。

まだ読んでない人は是非ハンカチ準備して読んでみてください^ ^

21歳で起業して月収800万稼いだ僕の半生を語る。そこで味わった人生の絶望と希望。

こんなに魂のこもったプロフ記事は見たことがありません。
またお会いした時は飲みにでも行きたいですね^ ^

ここまで読んでいただきありがとうございました!

では、良い1日を〜〜!!^ ^

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
大卒後オーストラリアに1年留学→ニート→ネット販売会社→プログラミング独学→退職→フリーランス^ ^ 写真・デザイン・旅・コーディング・筋トレが大好きな福岡人٩( 'ω' )و 写真撮るとき以外は引きこもって写真撮影/加工・デザイン・Webサイト制作してます📷🎨👨‍💻