『水木しげる漫画大全集』を読む日々をはじめます

 来年一年間をかけて、『水木しげる漫画大全集』を読みます。そしてその日々を、記そうと思います。
 岸波龍さん(ツイッター@kishinami8)が「来年、全集読破日記を書きます。全集読む人この指とまれ」という感じの呼びかけをされていて、その指にとまりました。
 予定では、2021年1月1日から12月31日にかけて全集を全巻読み、日記をつけ、2022年5月頃までに日記本としてまとめます。リアルタイムで(週に一度ぐらい)ウェブ上にも日記を載せようと思っています。

 また日記本かい、と思われるかもしれませんが、また日記本です。これまでの日記本と違うところは、「全集を読む」という大黒柱があるということです。
 いままでノン・テーマの日記を書き、またこれからも書き続けようとしている中で、それと同時進行でテーマを設けた日記も書くというのは、かえって難しいことのように思えます。どうしようかといまも考えています。どうしようかと考えることが、また楽しい。

 全集、いいですよね。何がいいと思わせるんでしょうね。同じ装丁でその人やそのテーマの著作が一堂に会するという「揃う」美しさでしょうか。それとも「月報」の存在でしょうか。オリジナルの良さとは別のところで、全集独自の魅力があると思います。CDでいうと「リマスターボックス、ボーナスディスク付き」という感じだと思いますが、オリジナルを持っていたとしても揃えたくなる、魅力というか、魔力というか、全集には私を惹きつけてやまないものがあります。

 さて肝心の『水木しげる漫画大全集』、一年ほど前からぼちぼちと買っているのですが、手元にあるのはまだ半分ぐらいです。何しろ数がすごい! 量が膨大というのも、全集ならではの魅力ですよね。


画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
https://fuurinshobo.blogspot.com/ に引っ越しました|1986年生まれ。香川県出身。本を読んだり音楽を聴いたりして日々の生活の隙間を埋めています。2020年より風鈴書房という文学活動をはじめました。