見出し画像

ラブコメというジャンル名の裏書き

「第5回カクヨムweb小説コンテスト」募集要項での驚愕について。

ラブコメ部門の募集要項を拝見したところ、

主に男性読者を対象とした、恋愛・ラブコメ要素のある小説を募集します。

女性向けラブコメが応募…できない…!?

恋愛小説部門は別にあって、そちらは女性向けだったのですが、ゲームほとんどやらずに育った人間に異世界とか転生の恋愛小説は難易度高すぎるorz
溺愛、くらいか、頑張れそうなのは(それも好みじゃないので辛い)。

その他にも「キャラクター文芸って謎解き必須なの!?」とか、驚きがたくさんありました。
うっかり別のところの別の賞だけどキャラクター文芸にかがゼミ応募しちゃったよ(募集要項は恋愛でもあやかしでも切り口何でもよくて現代日本が舞台の元気が出る小説)。
たしかに受賞作は謎解きだったね、うん。
私が無知なだけなのか。
いや、選考通過作には謎解き以外も結構あったぞ。

……単純に、NGではないけどこの賞は明確に世のニーズというか売れ筋を求めているということですよね。
たしかに書店の並び見ててもラノベ棚には男性向けはラブコメ、女性向けは中身がハー○クインぽい感じのが多いな、と改めて気づかされました。
求められているものがわかりやすい、と思ったのでご参考までにシェアします。
お役に立てましたら幸いです。

だけどやっぱり言いたい。
私は女性向けのワクワクしてときどきくすっと笑えてきゅんきゅんする少女漫画みたいなラブコメが読みたいんだ!!

現場からは以上です。

近況として、今はLINEノベルにお試し投稿中です。
六月さんの『海のdoll』がめちゃくちゃいいので皆さんも是非。

(シェア用リンクあるのにアプリないと作品が読めないという辛い仕様です、「さがす」から作品名で検索するのが早いです)
私のは明日完結します(「リコリス」で検索ください)↓。

ちなみに、LINEノベルの投稿作品枠だと「ラブコメ」カテゴリに女性向け作品は普通にいっぱいありました。

Androidユーザーのせいかアプリの使い勝手があまり整えられておらず、フォローの仕方とかよくわからないのが目下の悩みです。
既存の作家作品もタイトル数がまだ少なく勉強用読書に使っているような感じだったのですが、ブレイディみかこさんの『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』が読めるようになりました。
これは熱い!! 嬉しすぎる!!(署名記事で昔からファンでした)

私事で大変恐縮ですが3月くらいまでバタバタしそうなのでどなたか文芸部へ企画やテーマ投げてくださるとすごく嬉しいです。
別に許可とか誰に取る必要もないので自由にやってください。
できるだけ盛り上げ要員として参加します!

ありがとうございます(^^)haccaノベルもよろしくお願いします!
31
noteの中から少女漫画みたいな〖きゅん〗とする小説を集めたレーベルサイト、haccaノベルのキュレーターはじめました。https://haccanovel.com/ 私の小説はプロフィールからご覧ください(^^)

こちらでもピックアップされています

透明文芸部
透明文芸部
  • 44本

文芸創作に関する意見交換のためのオンラインコミュニティです。メンバーは年中ゆる募してます。活動・入部案内https://note.mu/tansoaya/n/n247d311dabeb 部員紹介https://note.mu/tansoaya/n/n94ed03858bb4

コメント (13)
カクヨムの「ラブコメ」定義については、過去にざわめきましたー。
私も自分の中ではラブコメだったのだけど、恋愛で参戦したのを覚えています。

イメージでは少年マンガでちょっと色っぽいおねえちゃんが出てくる感じかなと。笑
少女コミックタッチのラブコメ、需要あると思うんですけどね、カクヨムは男性比率が高いのかもしれませんね。
自分が書く作品を、先にカテゴライズするのって苦手なので、後で悩みます……。

「海のdoll」ほめてくださってありがとうございます。レビューすごく嬉しいです。♡
ほぼPCで作業しているので、LINEノベルはアップするだけで、あまりスマホはタブレットで確かめられてなくて、これでいいのか不安になります。特にAndroidユーザーなので、長らく検索すらできない状態で、まだ模索中です。
>六月さん
ざわめきますよね。笑
イメージ同じ感じです、需要に関してもまた同意です。
男性比率というかKADOKAWAさんなのでガッツリラノベでアニメ化まで想定できそうなのがほしいのだろうな、という感じがします。

私もカテゴライズ後からなので度々困ります。
物語がどうやって生まれるかのお話も、皆さんに聞いてみたいです!(いつか文芸部テーマにします)
海のdollの空気感本当に好きです。
好きすぎてエブリスタで六月さんのストーカーみたいになってしまいました。笑
LINEノベルの長編もゆっくり拝読致します。

表示に関してはLINEノベル自体が今後変えてきそうな気もするので、ひとまずはよいのでは。
感覚としてエブリスタより1ページあたりの分量が長くても気にならないUIのつくりです。
検索は作品名だと出ますが、投稿作品の作家名はヒットしません。
作家ページもないので六月さんの作品を見つけられたのは全て運でしたorz
今後、もう少し使いやすくなるといいですね。
確かにカクヨムは、ラノベ⇒アニメ化の流れですね。
なかなかタイトルだけで敬遠してしまうものが多く、ぽつねんと籍を置いてます。笑

うわぁー、好きすぎて、なんて嬉し過ぎます。
はぅあーっ。エブリスタはリニュしてからさっぱり仕様がわからなくて放置しちゃってました。ありがとうございます!
色々登録してみても続かないので、やっぱりnoteがいちばんだなと、感じております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。