見出し画像

スクショした背景や小物をスケッチつらい。

スクショ画像1500枚

中国時代劇ドラマから1500枚ほどスクショした。
そこには、アレンジして素材に描き出したい背景、建物、小物、柄やレリーフなどがたくさんあって、アイディアの宝庫。我ながら良い仕事をしたと思った。
一度集中すると、寝ても覚めてもスクショしなきゃとなった。一週間もやっていた。しかし、キリが無い。
10000枚ほどやろうと思っていたが、1000枚を超えてくると替えって惰性が働いてスクショ画像を大事にしなくなる可能性もある。これ以上やっていると、だんだん逃避行動になっているのではないかという懸念もあって、未練たらたら中断した。

スクショ画像を元にスケッチを始めた

始めてみると、色んな考えが頭をよぎる。
部屋の間取りや、調度品の配置をそのまま模写するのは無理だし進まない。気になる意匠を描きためておくことに徹することにした。
私は、中華風の世界観を描けるようになりたい。それと、著作権も配慮すると、著作レベルではないスタンダードな形の理解と、創作的なデザインを描ける様になるには、スケッチして頭にたたき込むことが必要だと思った。
それと、素材にするアイディアの洗い出し。

描き留める作業が、スケッチの練習に・・・・・・しかし

つらい。
「このデザイン良いな。アレンジして描き出したい」
※あくまでも、古典的なデザインなのでアレンジしたら自分の作品になるレベルのもの。オマージュとかパクりとかそんな次元でもないものです。凄い創作的な作品を目指していない。素材レベルの話。
そう思ってスケッチするのですが、それが大変。技術が足りない。シャーペンと物差しと消しゴムで紙に描き起こして、「ctrl+zしたい!」が始まりますし、「レイヤーで下絵したい!」「線対象定規欲しい」が頭の中を駆け巡る。アナログ辛い!

それで、クリスタを開いてデジタルパワーでやり始めようとすると、「クリスタ使うぐらいなら、スクショ見ながら素材のサンプル作りした方が早くないか?」と、こうなってくる。

そうかもしれない・・・・・・
そうかもしれない・・・・・・

そこで背景を一枚、3点透視図法でトレース始めようとしたら、その調節が上手くいかない。これでは、パース定規の勉強のやり直しだ!それも良いかもしれないけれど、今したいのは描きたいデザインの洗い出しだったよね?

目的がコロコロ変わって、クリスタを閉じる。
そして、またマス目のバインダー用紙を机に置いて、スケッチの再開。

スケッチの練習が主な目的になってしまう。

そこは、中華もの・・・・・・灯籠や床(天蓋付きのベッド)、格子、柱に豪華なデザイン、盆栽や壺、灯台。造形が細かくて、背景を描くどころか、そこの点在するアイテムを模写(デザイン描き留め)が辛い。

特に、灯籠が難しい。複雑な立体をしている。「3DCADなら凄く簡単に作れそう!」が、描くのが大変。自分のデッサン力のなさに情けなくなる。

つまり、デザインをするためのデッサン力がないことをまざまざと実感させられるのだ。

もっと昔に身につけて当然のスキルなのに

恥ずかしながら、仮にも自分は底辺の美大出身。絵画科。だけど、画像になっている物品を模写する基礎能力が足りない。

一般の人からすればそれでも描けていると思う。でも、それでは通用しない。なんで、学生時代に基礎画力付けてこなかったの?学生時代に身につけていれば、一角の者になれていたのに。

思い起こせば、デザイナー職の前歴がある。だからこそそこそこ描けるが、学生時代にデッサンをしっかり身につけて働いている人よりも実力が無い。だからうだつが上がらない今がある。アイディアスケッチしようと思っても、スケッチする実力のなさにストレスを感じてしまうんだ。

情けない。

よくある「絵下手が、3ヶ月本気で絵の上達に取り組んだ結果!」とか、「3年でここまで上手くなりました!」と言うのを見かける。

だけど、元々美大出身である私にはアドバンテージこそあるけれど、何をやっても限界ばかり感じさせられてきた。高い学費を払った不出世の不良債権者だ。

中途半端に上手い自覚がある。でも、世の中の厳しさだけは知っている。ガチでそれを理解している。だから辛い。勉強不足が痛いほど分かっている。

膨大な時間を無駄にしたことを。

若くないことが辛い

ざっくり30年分を取り戻すつらさ

どこを見渡しても、20代や30代の人たちが奮起して成功している。私、40代後半。若い頃、色々チャレンジした。でも、実績として自慢できるような結果は残っていない。挫折ばっかりでもない。そこそこはやった。でも立派にはなれなかった。全部、私が手ぬるかったから。

可能性の片鱗ばかり見せて、私は本当に中途半端だ。

講座までに、後10日間スケッチばかりをする

スクショからスケッチを3日間やったが、後10日間やる。
2年前、人体解剖学の本を模写したり、3Dモデリングの人体ポーズ(ArtPose)をスケッチして、かなり人体ポーズが描けるようになった。だから、背景(屋外、建物、室内)を描く練習をすればなんとかなるし、徹底的にやらなければと思う。

もちろん10日間ぐらいじゃ足りない。でも、申し込んでいる講座が始まったらそれに専念しなければならないので、あと10日間は集中しなければ・・・・・・

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!