見出し画像

“いい人”と仕事をする

誰と、時間を共にするか。

社内のスタッフも、社外のパートナーも、プライベートの付き合いも、ぼくは“人間”を観て誰と過ごすかを決めている。

好きな人と、仕事する。
とてもシンプルだ。

人間として“いい人”と仕事をしたい。

嫌いな人と仕事をすると良いプロジェクトにならない気がしている。

だから「なんか、この人好きだな」「この人のために力になりたい」と思える仕事を選ぶようにしている。

“人間”を観るとは、どういうことか。

この続きをみるには

この続き: 2,289文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
遊びと仕事を同居させながら楽しく働き、クリエイティブにビジネスをしていく方法をお伝えしていきます。 お金や税金、相続対策、保険、株、資産運用などもふくめ、今を生き抜くための知見を惜しみなく書いています。 もやもや考えて変わりたいけど変われないだとか、これからどうすれば良いのか迷った時、きっと背中を押すことが出来ると思います。

月刊 谷尻誠

¥1,000 / 月

建築家(suppose design office 代表)、起業家。 tecture、社食堂、絶景不動産、TECTURE、🔺社外取締役、D…

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
谷尻誠 / 建築家 / 起業家

公には出来ないけれど、ここだけで書くことが出来る情報も含めて、皆さんに共有出来ればと考えています。 建築業界の凝り固まった環境を見直しながら、新しい働き方や、経営方法、ブランディングについて綴っていきます。