見出し画像

空気を設計する

谷尻誠 / 建築家 / 起業家

コロナウィルスが世界を襲い、日本でも緊急事態宣言が発令されてから2年半が経つ。

外出ができなくなり、人と会えない生活が続いた。
この間に、世の中全体のエネルギーが減ったような気がする。

若い人でも、慢性的な倦怠感を抱いたり、うつ病にかかる人が増えたと聞く。

ぼくも一時的にコロナ禍の影響によって元気がなくなったときも一瞬あったが、すぐに回復した。もっと言えば、以前より健やかな状態になっている。

もしかすると、そこには“移動距離”が関わっているのかもしれない。

この続きをみるには

この続き: 1,420文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
遊びと仕事を同居させながら楽しく働き、クリエイティブにビジネスをしていく方法をお伝えしていきます。 お金や税金、相続対策、保険、株、資産運用などもふくめ、今を生き抜くための知見を惜しみなく書いています。 もやもや考えて変わりたいけど変われないだとか、これからどうすれば良いのか迷った時、きっと背中を押すことが出来ると思います。

月刊 谷尻誠

¥1,000 / 月

建築家(suppose design office 代表)、起業家。 tecture、社食堂、絶景不動産、TECTURE、🔺社外取締役、D…

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
谷尻誠 / 建築家 / 起業家

公には出来ないけれど、ここだけで書くことが出来る情報も含めて、皆さんに共有出来ればと考えています。 建築業界の凝り固まった環境を見直しながら、新しい働き方や、経営方法、ブランディングについて綴っていきます。