見出し画像

ここにあった

バスに揺られながら
走る景色を眺める
青く澄んだ空に
美しく咲く花々
のどかな風景に
『こんな景色もあったんだな』と
記憶が蘇る

辿り着いた場所に 
待っててくれているはずの
あなたがいない…
だってもう半世紀過ぎてるもん
分かってたけど
やっぱり淋しいね…

いつも立ち寄っていた
なんでも屋さんの
おじちゃんのお店
今では大きなスーパーに変わってる
時は確かに流れていた…
そして僕もおじさんになった

あの頃の僕に胸張って言えるかな?
君の50年後の姿だよって…
一生懸命今も生きてるよって…
生まれ変わったとしても
『また僕に生まれたい』
そう思える『生き方』できてるかな?

懐かしい場所に
無償に行きたくなった理由
ここにあった気がする…


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しかっ種(たね)☆
2
はじめまして☆ 口下手な私が表現するのに選んだのが『詩』を書く事でした^_^; 詩を書くことで現状にもがきながらも生きているって素敵な事なんだと伝えれたらなと思っています☆ 少しずつ投稿していこうと思うのでよろしくお願いします(*^^*)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。