転職するつもりがなくても、転職活動すべき3つの理由

「転職をしたい、でも今の仕事を本当にやめても大丈夫だろか」

そう悩んでいる人は、迷ったらまず転職活動をしてみると良いだろう。

はじめに

タイトルは若干釣り気味。本当に100%転職するつもりがないなら推奨しない。何故ならあなたにとって良くても、企業側の人的・金銭的コストを無駄にすることになるためだ。これは転職のことを少しでも考えている人に送る記事だ。この記事は転職活動の末に現職に残るという結論を出すというケースを想定しているが、もちろん良い転職先が見つかって、転職できればそれに越した事はない。

メリット1:自分の市場価値を知ることができる

最終的にオファーをもらえるまでに至れば、それがあなたの市場価値の一つの目安となる。

これは、現職での収入の交渉の材料にもなる。

また、仮に現職で勤めている会社が傾いたとしても年収を維持できる、あるいは年収アップが見込めると知っておくだけでも、自信が持てるし精神的な安定にもつながる。

そういった余裕を持つことでより大胆に仕事ができるようになるので、現職へのパフォーマンスの向上にも繋がる。

また、業種や職種を変えることで、以外にも年収が上下することに気がつく。良い意味でも、悪い意味でも自分をどこにどう売るといくらなのかを知っておく事は極めて重要である。

メリット2:どのようなスキルが要求されているかわかる

市場の変化によりスキルは常に陳腐化する。

その点で、求人というのはスキルのニーズをキャッチアップする上で優れたツールの一つだ。

求人をみるだけでなく実際に求人に応募して面接を行うことで、より現場のリアルな声が聞けるため、実際に転職活動をしてみるとさらに高い効果が期待できる。

そして、本当に入りたい企業があるならそこで求められているスキルを身に着けるべきだ。

また、現職では求められていないスキルであっても、競合やより同業の先進的な企業で求められているスキルをキャッチアップしておく事で、現職でも近いうちに求められるスキルがわかり、良い立ち回りができる。

メリット3:転職活動に対する抵抗がなくなる

会社の業績が傾いたり、個人の事情で会社をやめなければならない時がきたとする。その時、あなたは慌てて転職活動を開始する。

転職活動をせざるを得ない状況なのだから、あなたは他にも考えなければいけない事で頭がいっぱいだろう。そんな状況で転職活動という初めての行為を行い、最適な行動が取れるだろうか。

つまり、比較的余裕がある時に転職活動は一度経験しておくべきだる。そうすれば、「転職活動ってこんなものか」と一連の流れが掴める。そうすれば有事の際に素早く行動に移れるはずだ。

また、転職活動というとネガティブなイメージを持つ人も多い。転職の裏には、現職の退職というネガティブ(と世間的にはとらえる人も多い)事実があり、そことゴチャゴチャにした文脈で語られるからだ。

しかし、転職活動をしてみるとそれ自体は全くネガティブ出ないことがわかる。新卒の就職活動に対して抵抗を持っていた人は多くないだろう。

それと同じだ。

まとめ

転職活動には3つのメリットがあることをまとめた。あなたが、少しでも転職に興味があるならまずやってみることをオススメする。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

共感いただきありがとうございます!励みになります
2
平凡なエンジニアのメモ。技術関連の話題が多い。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。