見出し画像

【即戦える】 Webライター初心者の立ち回り 【セコく戦おう】

こんにちは。ライター業を始め、初月で10万円ほどを稼いだぴよめっとです。

いきなりですが、webライターって稼げなそうですよね。単価も低いし、バイトの方が効率いいじゃんとか思いませんか?

ですが「在宅で稼げる」「稼いでる人は実際に存在する」のは事実であり、きちんと稼げる副業の一つに当たります。今回は、ライター初心者・未経験者が効率よくステップアップして、ライターとして稼いでいく手順を私の経験から解説します。


現在私は、ライターチームの運営をしており、主にライター案件をメンバーに流すというディレクション業務を行ってます。そこで、案件が取れない人・稼ぎたいのに稼げない人に関する共通点なども分かりました。

これを元に、今回では「ライター初心者がいかにスムーズに軌道に乗れるか」という部分にフォーカスしてます。


タイトルには「セコく戦おう」なんて書いていますが、実際にライターとして稼ぐために必要なのは、単に労働時間だけではありません。ただ自分の時間を切り売りしていても、収入に限度がありますよね。

ここで大切なのは、「いかに自分の時給を上げられるか」「クライアントと良い関係を築くことができるか」ということだと考えています。


本記事では、ライター初心者が仕事を取る手順から、継続案件や直案件につなげる方法について、私の経験とスキルより全てお話しします。


最初に一つだけ注意点があり、ライティング経験が一度もない方にはオススメできません。とはいっても、ライティングは実践をしながら身につけていくもの。

ライターになるためにずっと文章力UPの本を読んでいても、スキルアップしません。早く仕事を請けて、文章を書くことに慣れることがいちばんの近道です。

・ライター初心者で、仕事の取り方が分からない
・仕事を取れたのはいいけど、文字単価が低すぎて稼げない
・自分が仕事を請けていいレベルなのか分からない
・直案件や継続案件に繋げたい
・高単価の案件をゲットしたい
・書けるジャンルが少なすぎて困っている

このような疑問・悩みを持つ方にオススメ。


結論から言うと、ライターで稼ぎたいなら「単価を上げる」これだけです。


記事を量産すれば稼げる!と思われがちですが、文字単価0.5円・1記事3,000字の仕事を続けたとして、毎日書いても月45,000円です。副業収益としては大きいですが、これが文字単価3円の仕事だったら、、、?

月270,000円。同じ仕事量でも、こんなに収益に差がつくんですよね。


ここで「文字単価高い人って、専門的な知識持ってるから書けるんでしょ???」とか「稼げる人は特別なスキルがあるからだ」とか思う人が多いのかもしれませんが、そんなことありません。

スキルがあればいいのではなく、調べた情報をもとに体系的にまとめることが大切。つまり、必要なのは「情報収集力」です。

また、ライターをやる上では、営業をすることから業務連絡(コミュニケーション)が一番大事だと思ってます。スキルはその次と言っても過言ではないのかなと。。。

その点も含めて、効率の良い稼ぎ方や仕事の請け方を、実体験を元に紹介します。興味を持った方は、この先も読んでいただけると幸いです。

あ、一つだけ言っておきたいのですが、「このnoteを読むだけで、明日から単価の高い仕事が取れる!」という保証はありません。ですが、「本書通りに実践すれば、note代は半日で回収可能。また、単価の高い案件も挑戦できるようになる」という感じです。

要は、「ちゃんと実践しましょうね」ってことなので、この先を読んでくれる方なら問題ないかと思います!


【読んで頂いた方の口コミ】






【私のライター歴について】


ライティングの経験は、1年とちょっと。自分のブログで100記事以上を執筆し、ライターとしては50記事ほど執筆をしてきました。


なぜライターをやっているのか、という部分について少しだけお話しします。


Twitterのフォロワーが増えて、インフルエンサーとか呼ばれるようになってから、私はすごく悩んだんですよね。当時は対して収益にならないブログしか書いてなかったので、自分の無力さというか、虚無感というか、周りのインフルエンサーに比べて、スキルも少ない。

なのに情報発信の道に迷い込んで、いつの間にか見知らぬ大人にヨイショヨイショされて、、、、、。

正直、1ツイートするのもプレッシャーに感じていたことがあります。(笑)


そこで、実績やスキルが足りないなら初心に帰って実績を磨こうと思ったわけです。貯金も割とあるし、今までぶっ飛ばしてきた下積みを経験してみようじゃないか、と。

そこでWebライターを始めたのですが、かなりの学びになりました。まとめると、以下のような感じ。

・ライティング力が格段に上がった
・社会的なコミュニケーション力がついた
・単価が上がっていくのが楽しい
・事務処理(請求書・振込等)も楽勝になった
・いち社会人として自信がついた
・社長さんとの繋がりができた

私は高校卒業後すぐに独立という道を選んだので、ビジネスシーンでの立ち振る舞いやビジネスマナー・文書作成に関してはちんぷんかんぷんでした。(今も完璧ではないですが)


そして、ライターを始める前まではブログと情報発信しかしていなかったので、人と関わることってSNS上でしかなかったんですよね。なので、最初はクライアントさんと連絡を取るだけでも、Googleで敬語の使い方とかを調べたりしてたのですが、今となってはそれも経験の一つになりました。

Webライターって、ライティングのスキルがある人だけがやる仕事だと思われがちですが、ライティングスキルだけでなく「仕事を請ける、一社会人として」必要なことがたくさんあります。

結局のところ、得意不得意ではなく「やる気があるかどうか」でクライアントさんの態度も変わってきたりしますので、頑張ってみて欲しいと思います。



【金額は、1,980円です】

この金額設定にした理由は、一つだけ。「ライター案件を1記事書いたら、回収可能」です。

ライターとして稼ぐために、まずは行動しないと何も生まれません。「行動に移してさっさと代金回収」を目標にしてもらうために、このような値段設定にしました。



【記事内容】

1 ライター初心者に必要なこと
2 必要な心構え
3 仕事の請け方・仕事の取り方
4 仕事をする際に意識すること
5 高単価の仕事を請ける方法
6 継続案件・直案件につなげる方法

上記のような構成で進めていきます。
2章の「必要な心構え」までは無料公開していますので、気になった方は無料部分だけでも見ていってください。

それでは、本題に入ります。


【1.ライター初心者に必要なこと】


「大前提として、ライティングスキルや知識は必須です。
最初から出端を挫くようですが、フリーランスは実力主義の世界。。。」

と、こんな常識を植え込まれてる方がいるかもしれませんが、完全に間違っています。ライターとして稼ぎたいなら、正直中学生の国語レベルで十分。(私もその一人なのでご安心くださいね)

とはいえ、3,000字前後の文章を書くスキルはもちろん必要になってきます。よっぽど「文章に対して拒否反応が出て無理…」って人じゃなければ、数記事書いたら慣れるでしょうし、コツを掴めると思いますので、あまり心配しなくて大丈夫です!


一応、webライターを目指す人や、ライティングスキルを上げたい人向けの書籍なんかもあるようです。参考までにリンクを貼っておきますが、正直有名ブロガーさんのブログを読んで記事構成や言い回しを参考にすればOK。座学はササっと済ませて、実際に仕事を取って実践した方が、早くスキルは身につきますからね。(ちなみに、私は買うだけ買って読んでないです)


すみません、Amazonで上位にあったものを適当に選んできました。
上の1冊は、みんな紹介してるので、多分参考になるんじゃないかと思います。笑

本題に戻りますが、Webライターを目指す人が中学生レベルの国語力でOKな理由は、以下です。

・難しい言葉や表現は、読み手に伝わらない
・大事なのは「文章力や語彙力」ではなく、『クライアントが求める記事が書けるか』
・情報は、基本インターネット上に転がっている

結局のところ、どんなに専門的な知識を持っていたり、文才に優れていたりするからと言って、ライターとして優秀かどうかは違ってくるんですよね。


また、ライターが書いた記事がGoogle上に掲載されて、誰かが読んだとします。難しい専門単語を並べたところで、初心者には理解できませんね。専門用語を使えばいいのではなく、読者が伝わるように執筆をするのがポイント。要は、「専門的な辞書を作る」のではなく、「初心者でも理解できる文章を作る」感覚なんですよね。

さらに、webライターは自分が話したいことを書けばいいわけではなく、「クライアントが求める記事作成をする」必要があります。一見難しそうですが、裏を返せば「求められたことをやればOK」ってこと。

なので、記事のテーマに合わせてネットで情報収集しながら、記事を書けばいいんです。自分自身にスキルがなくても、無知識でも、できますよね。


ということで、ここまでの内容を一旦まとめます。ライター初心者に必要なことは、以下の3つ。

・中学生レベルの国語力
・クライアントが求める記事が書ける
・リサーチして文章にまとめることができる


余談:私の妹(高1)もライターとして仕事をしてまして、PC機器紹介の記事をちんぷんかんぷんながら、ググりながら、執筆していました。妹のライティング経験はブログ数記事程度ですが、それでも仕事内容には問題なし。高校生でもライター業は可能ということが分かったので、あとは「行動するかしないか」という部分になってくるのではと思います。(ちなみに、特別姉妹仲が良いわけではないので、かなり厳しく、原稿にはチェックを入れてますよ!笑)


【2 必要な心構え】


次に、webライターが事前に知っておくとちょっとプラスになることを、私の経験からお話しします。

始めに結論から言ってしまうと、以下の2つ。

・NGを言わないこと
・実績は言ったもん勝ち

簡単に言えば「なんでも挑戦する」ということなのですが、ざっくりしすぎなのでそれぞれ解説します。


・NGを言わないこと


まず、NGを言わないようにしましょう。「NGを言わない」と言うと多少語弊がありそうなので、「未知のジャンルだから書けない」と仕事を断ることを辞めましょう、ということです。


(とはいえ、あまりにも単価が低い仕事を無理して請け続けるのは、さすがに馬鹿馬鹿しくなりますよね。そこに関しては、しっかり断る勇気も必要です。)

これからお話しすることに関しては、自分が目指す最終地点によって変わってきます。ここでは「のちのちwebライターとして独立を目指す方」は、ぜひ以下の内容を参考にしてみてください。
また、「副業として、ライターで月3万稼げたらいいな」と考えている方は、流し読みしていただけるとありがたいです。(もしくは次の【実績は言ったもんがち】の話までスクロールして飛ばしてください)

では、本題に戻ります。

ライターに限らず、フリーランス駆け出しの頃って「仕事がもらえるかどうか」が一番大事ですよね。どんなに高いスキルがあっても、仕事がないと意味がありません。そんな時に、「自分の対応ジャンルじゃないから」なんて仕事を断ってるようじゃ、なかなか稼げるようにはなれないと、私は考えています。

ここでのポイントは「ほんのちょっとだけ無理する」ということ。

多分、何に関しても、誰もが初心者の頃は目の前のことに全力で取り組んでいたはずですし、だからこそ、今があるのではないでしょうか?就職・バイト・部活・勉強など、何においても、最初から自分の行動を選択してる余裕なんてないですよね。

「自分に出来るか出来ないか」ではなくて、「目の前にあるからやる」だけ。本気で稼ぎたいと思うなら、職種を選んでいる暇は無いのと同じ感覚です。

こんなことを言うと、「知識がないから書けません」「経験がないから無理です」って人が多いと思うのですが、解決策は「ググる」でOK。文字単価1~2円程度の案件であれば、知識やスキルがなくても割と書ける案件が多いです。ネットで情報収集しながら体系的に情報をまとめていけば、3,000~5,000字程度の文章はあっという間に完成します。

せっかく単価の高い案件が転がっていても、それを自分のチャンスにしないと意味ないですよね。そんな意味で、「NGを言わない」ことはライターとして一歩スキルアップするために必要なことなのかなと思います。

(かく言う私も、FXや法律系のジャンルは難しすぎて請けてないです。「本気で無理」なのか、「ちょっと無理すれば書ける」のか、判断が大切。)


次は、そのような単価の高い案件をゲットするために必要なことについて、解説していきます。


・実績は言ったもん勝ち


見出しのままなのですが、「実績は言ったもん勝ち」です。はい。

自信がなくても、「言ったもん勝ち」。

嘘をつこうが、「言ったもん勝ち」。

グレーな部分になってきそうなので、これだけ伝えておきます。笑


ここから先は、

・実際の仕事の請け方
・提案文について
・仕事をする際気をつけるべきこと
・さらに高単価を受ける方法
・継続案件や直案件につなげる方法
・余談:クローズド案件は最強である話

などを解説していきます。

よくあるライティング本のような薄っぺらい内容ではなく、実際の私の経験をもとに、具体例を出しつつ解説しています。

なので、再現性はかなり高いのではと、思っております!

ということで、以下より有料部分となります。「ぜひ買ってください!」なんて強要は絶対にしませんが、購入していただいた方は、一緒にライター業をがんばっていきましょう🐥

この続きをみるには

この続き: 8,071文字

【即戦える】 Webライター初心者の立ち回り 【セコく戦おう】

ぴよめっと@note総販売数1,300部突破

1,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ピヨピヨピヨピヨ
8
副業開始から半年で月収7桁達成/高校時代に有料記事で180万稼ぐ→ライターチーム「ぴよらいたす」を発足→現在は「ブログ・ライター業・チームのディレクション・YouTube」を主にやってます。noteでは主にノウハウ公開をしてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。