見出し画像

遠野のホップ畑に思いを馳せて。TONO-HOP-BOXをリリースします。

-----------------------------
※こちらの記事でご紹介した第一弾は8月で完売となりました!現在は第三弾が発売中です。ページ下部の通販サイト・ふるさと納税ポータルサイトのURLは第三弾のものに変えています。第一弾からビール・食材の内容が変わっていますので、各サイトでご確認ください。
-----------------------------

みなさん、こんにちは。

ビールの原材料「ホップ」の生産地・遠野で、新しい産業づくりに挑戦しているBrewGoodの田村です。

岩手県遠野市は日本随一のホップ生産地として、半世紀以上にわたりホップ栽培を続けています。

夏になると、市内のあちこちに現れるホップのグリーンカーテン。
ホップは遠野の夏の風物詩であり、市民の誇りです。

画像1

この景色が見られるのは、今年もホップ農家のみなさんが、大事にホップを育ててくれたからです。

毎年夏には多くの観光客、ビールファンの皆さんが、このホップ畑を見るために遠野を訪れてくれていました。

新型コロナウイルスの影響が続き、今年はビアツーリズムや夏の一大イベント遠野ホップ収穫祭も中止に。遠野の夏の風物詩を現地で見ていただけないのはとても残念です。

私たちは春に、#いつかホップ畑で会いましょう というキャンペーンを始めました。

画像2

ポストカードには、 #いつかホップ畑で会いましょう とメッセージを入れています。こんな状況だからこそ未来への約束をしたい。そんな願いを込めています。
いつか、収束したら、ホップ畑で皆さんと乾杯したい。
「ホップ畑で会いましょう」という未来への約束は、遠野側の私たちにとっても大切なものです。コロナ収束の後、また遠野を訪れる人が増えていくように。そのための前向きな準備をしていく、というのも今やるべきことだと思っています。

春の時点では、夏ぐらいにはもしかすると収まっているかもという期待もありました。遠野ホップ収穫祭の中止を発表した後も、実行委員メンバーは状況を見ながら定期的に集まり、何か代わりの小規模なイベントが開催できないかということも議論を続けていました。

でも、今年の夏にリアルのイベントを開催するのは難しそうです。楽しみにしていただいていたみなさん、ごめんなさい。

遠野で暮らす私たちにとっても、毎年の短い夏は楽しみでした。夏には、遠野のホップやビールを楽しみに来てくれるみなさんを迎えられるから。「お久しぶりです!」と乾杯する瞬間が本当に嬉しかったのです。

今年は遠野に来てもらってホップ畑にお連れすることはできないけれど、ご自宅で遠野を感じてもらいたい。そんな想いから、TONO HOP BOXの企画が始まりました。

TONO HOP BOXとは

遠野のビール地域の食材を詰め合わせたギフトボックスです。

画像3

箱には遠野のホップ畑の風景を。中身を出した後も、お部屋に飾ったり、皆さんのそばに置いていただけるように、細かい部分までこだわって制作しました。長く使っていただけるように、しっかりとしたつくりになっています。上蓋を開けてからの仕掛けもありますので、お楽しみに。

個人向け用のギフトセットではありますが、ビアバーなどの飲食店にも飾ってもらえると嬉しいなと思っています。ホップ畑の美しい風景を眺めながらビールを飲んだり、ホップを知るきっかけにも。

画像4

地域の食を支えたい

箱の中身の説明をする前に、企画の背景についてもう少し書かせていただきます。

今年の春、遠野の老舗ブルワリー・ズモナビールのクラウドファンディングを実施しました。イベントが中止になり、在庫を抱えてしまったビールを販売するためのプロジェクトでした。

たくさんのご支援ありがとうございました。ビールだけでなく、遠野パドロンなどの他の地域事業者の食材をセットにしたコースも人気でした。

このクラウドファンディングでは、コロナ禍で苦しむ一部の事業者をサポートすることができました。しかし、地域に目を向けると、作った商品が売れずに困っている事業者の方々はまだたくさんいらっしゃいます。

道の駅などの観光施設で販売していたもの、首都圏の物産展などに出品していたものなどは、集客が減ったことにより売れ行きが鈍ってしまっています。

画像14

私たちは、改めて遠野で売られている商品をリサーチしました。地元で売られているものは、実際に買ったり、食べたりする機会も少ないので新鮮な体験でした。

そこで感じた課題。多くの商品は数百円ほどの単価で、店頭で販売するのには適してはいるものの、単品で通販で売るのは難しいということ。

であれば、食材に少し手を加えてビールのおつまみにアレンジすることで、「ビールの里」というテーマでセット販売することができないか。ビールと食材をセットにしたギフトボックスを企画したのもこういった背景がありました。

私たちがホップの生産地・遠野で掲げるビールの里構想。なぜ、ビールの里なのか。それは、ホップの里だと原料の生産地だけだったのが、「ビール」と枠を広げることで、他の資源と交わることができるからです。

スクリーンショット 2020-08-13 23.02.18

「ビール」というテーマが地域の資源を繋ぎ、今までとは違った魅力が生まれる。遠野のビールのファンが、地域の食と出会う機会を作ることもできる。今回のTONO HOP BOXは、私たちのビールの里構想を体現する取り組みになっていくと考えています。

第一弾 TONO HOP BOXの中身について

前置きが長くなってすみません。ここからは、箱の中に何が入っているかの説明です。

TONO HOP BOX 第一弾は「遠野ホップ収穫祭 特別ver」です。イベントは中止になりましたが、少しでもご自宅で遠野ホップ収穫祭を感じていただけるような内容にしました。

まず、ビールについて。2種類を3本ずつ、計6本が入っています。

<ビール>

画像7

◎TONO IBUKI HOP IPA 遠野ホップ収穫祭ラベル(ズモナビール)330ml 3本
毎年好評の夏の期間限定ビール。Single Malt and Single Hop(単一モルト・単一ホップ)“SMaSH”と呼ばれるシンプルな造りに挑戦し、遠野産ホップ「IBUKI」の美味しさを極限まで引き出しました。遠野産の凍結粉砕ホップを贅沢に使用した仕込みで、口に含んだとたんに広がる瑞々しい柑橘系のIBUKIの香りをご堪能いただける商品です。限定の遠野ホップ収穫祭ラベルでお届け。売り上げの一部は遠野ホップ農業共同組合に寄付されます。(アルコール分5%)

◎ONE AND ONLY TONO LAGER (ズモナビール)330ml 3本
遠野の2つの醸造所(ズモナビール・遠野醸造)がついにコラボレーション。2社が共同で仕込んだ限定ビールです。本商品は「ONE AND ONLY」キャンペーンに賛同し、商品代金の一部を医療基金や飲食店のサポート、コロナの影響を受けた方等に寄付いたします。通常エールビールに使用するホップである「HBC431」と「シトラ」に加え、遠野産「IBUKI」を使用することで、ラガービールでは珍しい、トロピカルフルーツや柑橘系の香りや苦みが広がり、すっきりとした味わいを感じられます。(アルコール分5%)

※ビールのみ欲しいという方はこちらからも購入が可能です。ビールのみの場合、箱はTONO-HOP-BOXではありません。 

上閉伊酒造ズモナビール 47クラブ通販サイト

遠野醸造オンラインショップ

<食材>

画像8

遠野のビールには、遠野のおつまみを。各商品には、ビールに合うように考えられたおつまみのアレンジレシピが添えられています。

◎燻製とうふ(宮守川上流生産組合)1袋
遠野産大豆で作られた豆腐を燻製した商品。このまま食べてもヘルシーかつ、チーズのような濃厚さがありますが、オリーブオイルと粉チーズと黒胡椒をたっぷりかけると、ビールにぴったりのおつまみに。(ワイン、日本酒にも合いますよ!)

画像9

◎輪切り乾燥大根(菊池農産)50g 1袋
高原で栽培された大根を輪切りで乾燥した商品。高原大根ならではの甘みと旨味が感じられます。水で戻して、オリーブオイルとハーブを振り掛けると、さっぱり食べられる高原大根のハーブマリネに。

画像10

◎あんべのうま辛おかず味噌(ジンギスカンのあんべ)150g 1個
元祖遠野ジンギスカンのあんべさんが販売するおかず味噌。秘伝のタレと上質な赤身肉で作ったジンギスカンそぼろと、遠野産赤パドロンを使用。そのままご飯にかけても美味しいですが、クリームチーズと混ぜると洋風おつまみに。

画像11

◎ホップの若芽ウインナー(ふるさと商社)280g 1袋
最後は、ビールにはぴったりなホップの若芽のウインナーです。こちらはアレンジレシピはありません!そのまま焼いてお召し上がりください。

画像12

※注意※ 必ずご確認ください
TONO HOP BOXは「冷蔵」で送付いたします。ホップの若芽ウインナーは「冷凍品」のため、保冷バッグに入れて送付いたします。到着後、速やかにお召し上がりいただくか冷凍庫での保存をお願いいたします。配送状況によっては、一部解凍された状態でのお届けとなりますので、ご了承くださいませ。また、確実に受け取れる日程での配送日時指定をお願いいたします。

以上のように、遠野のビールと食材を詰め合わせました。第一弾は今回の内容ですが、今後ビールの種類や同封する食材は変わっていきます。

<同封物>

画像13

◎ホップの里からビールの里へ VISION BOOK 1冊
ビールの里構想に取り組む20名のインタビュー記事、取り組みの歴史など、私たちのプロジェクトを知っていただける冊子です。
◎ホップ畑の風景 ポストカード 3枚
◎遠野おつまみ研究会 アレンジレシピカード 3枚
各食材がビールに合うおつまみに。遠野醸造・有賀シェフ監修のレシピカードです。

第一弾には特別なプレゼントも!

スクリーンショット 2020-08-13 23.12.37

第一弾の購入者には、遠野ホップ収穫祭2020リユースエコカップをプレゼントします。

残念ながらイベントは開催できませんが、ホップ農家の皆さんは今年も最高のホップを育ててくれました。収穫祭がなくても、ホップの収穫をみんなで祝い、農家の皆さんに感謝したい。ビールの里として歩みを止めず、応援してくれる仲間やファンを増やしたい。そんな想いから、今年もリユースエコカップを限定数で制作しました。

またいつの日か、このカップを持って、遠野ホップ収穫祭で乾杯できる日を楽しみにしています。

※遠野の皆さまへ※
毎年のホップ収穫祭を楽しみにしてくださり、歴代のエコカップを集めている方がいらっしゃることを知っています。いつも本当にありがとうございます。今回の通販ギフトセット用とは別に、収穫祭ファンの市民の方向けに販売する分は数百個確保しております。リアルイベントがなかなか開催できない中で、どのようにお渡しするかは現在検討中です。発表までもうしばらくお待ちください。

価格・購入方法について

-----------------------------
※こちらの記事でご紹介した第一弾は8月で完売となりました!現在は第三弾を発売中です。ページ下部の通販サイト・ふるさと納税ポータルサイトのURLは第三弾のものに変えています。第一弾からビール・食材の内容が変わっていますので、各サイトでご確認ください。
-----------------------------

価格:税込7,700円 ・送料込
販売:遠野風の丘オンラインショップにて数量限定で販売します。

<リンク先は第三弾TONO-HOP-BOXの商品ページです>

TONO HOP BOXはふるさと納税の返礼品としても手に入れることが可能です。寄付の使い道に「ビールの里プロジェクト」を指定いただけると、私たちの取り組みを直接支援することができます。

<リンク先は第三弾TONO-HOP-BOXの商品ページです>

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
TONO HOP BOXの今後の展開を楽しみにしていただけると嬉しいです。

そして、来年の夏こそは皆さんとホップ畑で乾杯したい...!
その日が来るまで、ビールを飲んで明るく元気に過ごしていきましょう!


◎書いた人◎
田村淳一
株式会社BrewGood 代表取締役/ 株式会社遠野醸造 取締役
2016年にリクルートを辞めて遠野に移住し、遠野醸造というマイクロブルワリーと、BrewGoodという会社を経営しています。BrewGoodでは遠野を拠点にホップとビールによる新しい産業づくりに挑戦中。

WEB:https://brewgood.jp/
twitter : https://twitter.com/tam_jun     Mail:info@brewgood.jp



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです!!
94
ビール×プロデューサー。ビールで楽しいことを企んでいます。リクルートを辞めて2016年にホップの聖地・岩手県遠野市に移住しました。遠野醸造 取締役&BrewGood 代表取締役&NextCommonsLab理事。出身は和歌山県。