見出し画像

社内部活動でfondeskのカスタマイズ版とSlackチャンネル「TLけいさつ」を作った僕の野望

最近、タンバリンの部活動の総元締めとかフィクサーと言われているらしい。そんなつもりはないんやけどな……(写真は「そんなバカな!」と笑っている僕)。

どうも!タンバリンの大阪開発チームエンジニアをしている名護です。

今回は僕が仕事以外で頑張っていることのひとつ、社内部活動「OSS部」についてご紹介したいと思います。実際に作ったものも紹介するので、参考になると嬉しいです!

OSS部の設立経緯

OSS部とは、業務中の空き時間や土日にOSS(オープンソースソフトウェア)でものづくりを楽しむ社内部活動。

このOSS部を作ろうと言い出したのは、エンジニアの先輩である田中さんです。もともと田中さんと僕は、自主的に社内ツールを作っていました。

それを部活としてやろうということで設立。部活にすれば有料サービスも部活動費という名目で使えますし、ナレッジの共有もしやすくなりますからね。

それでタンバリンの部活制度が始まった2019年10月ごろから活動をスタートしました。

OSS部の部員は、現在13人前後。多くがエンジニアですが、中にはディレクターやPMOチームの人もいます。

部長は言い出しっぺの田中さんで、僕自身はヒラ部員。ここ数ヵ月はリモートワークなのでやっていませんが「ランチMTGしましょうよ!」と声をかけたり、ちょっと飲みたい時にみんなを誘う役まわりです。

OSS部の活動内容とは

部活動と言っても、活動自体は個々人でやっています。

社内Trelloに「社内ツールで欲しいものリスト」というボードがあるので、ここに記載されているアイデアに各々着手したり、状況を見て一旦保留にしたり。

このボードは部活始動前から存在していて、当時はメンバーが自発的にそれぞれのツールを作っていました。それが今ではOSS部の活動内容になっている他、インターン生の課題もここから考案されています。

その他の活動内容は月1くらいでのランチMTGとゆるふわハッカソン。ランチMTGでは社内Trelloを見ながら「これ作った方がいいね」など、どのようにして実装するかとかのプランニングなどをご飯を食べながら話したりしてました。

ハッカソンは軽食やお酒ををお供に、モブプロやペアプロでコードを書いたり、アーキテクチャに関して意見を交わしたり。

けれど新型ウイルス感染対策をきっかけにリモートワークがメインになっている今、どちらもしばらくできていません。でも最近考えていることがあって。

それは土日のどちらかを使って、みんなでオンラインで繋がりながら1日ハッカソンをやったら面白そう!ということ。

近々実現できるよう、そろそろ動き出そうと思います!

最近作ったもの1 fondeskのカスタマイズ

ここからは、最近作ったものを2つ紹介します。

1つ目がfondeskのカスタマイズ。タンバリンではもともとfondeskを導入していて、電話がかかってくるとSlackチャンネルに通知されていました。ところが個人にメンションがつかなかったので、各々がこまめにチャンネルをチェックする必要があったんです。

これってめちゃ面倒ですよね。

そこで、Slackに各自が登録しているプロフィールから情報を拾って、個人に通知されるようにブラッシュアップしました。

例えばプロフィールの「役職・担当」に「採用」と登録しているメンバーが2名いた場合、採用担当者宛の電話がかかってきたらその2名共にメンションがつきます。個人宛だったら、そのメンバーだけにメンションがつく感じです。

画像1

▲僕の場合は、僕個人宛か「開発者」宛でメンションがつきます

特に電話がかかってくることが多い採用・広報チームの荻田さんと越山さんからは、「本当に助かっています」という声をもらっていますね。

こういう言葉で役立っているのを実感するのは本当に嬉しいこと。また便利なものを作るぞ!という気合いにも繋がっています。

GitHub リポジトリはこちら↓

最近作ったもの2 TLけいさつ

タンバリンではSlack上にメンバーがそれぞれ個人チャンネルを持っていて、プライベートTwitterのように使用しています。そのチャンネルは他と同様、チャンネルにメンバー登録しないと閲覧できません。

だけど僕はあまり個人チャンネルに登録したくない!でもみんなの投稿は見たい!!

そんな僕のわがままを叶えるために作ったのが、このbotチャンネル「TLけいさつ」です。みんなが自分の個人チャンネルに投稿したメッセージが、自動で流れてきます。つまり、このチャンネルひとつに登録すれば、みんなの投稿を見放題!

TLけいさつ

▲みんなの投稿が流れてくる〜

最近はこれにCollaというSlackアプリを導入。平日は毎日11時にDMで質問を送ってきてくれて、集積したものを同日13時にチャンネルで発表してくれます。

現在チャンネル登録者はメンバーの半数以上。Collaも楽しんでくれている人が多いみたいなので嬉しいですね。

GitHub リポジトリはこちら↓

最近取り組んでいるもの

ご紹介した2つは、まだまだ完成したわけではありません、自分で気になった部分やメンバーの要望に応じ、常にブラッシュアップをくり返しています。作るのも大事だけど、運用も大事なことですからね。これからも地道に続けていきますよ!

そんな中、最近僕が新たに取り掛かっているのは蔵書管理のWebアプリ。

インターン時代に作ったものを個人的にもっと良くしたいと思っていたところ、メンバーからも要望があり、「需要があったのか」と嬉しくなって作ることにした次第です。

現在、タンバリンの蔵書はスプレッドシートで管理していますが、Slackと連携して貸出管理や蔵書検索ができるようにしたいと考えています。以前作ったものにも機能は実装しているのですが、Webサイト上からしか操作できないんですよ。

とりあえず年内にSlackと連携することが目標。そこからランキングやレビューなど、徐々にいろいろな機能を搭載していきたいですね。

次はチーム開発がしたい

OSS部の活動報告というより、僕の活動報告になってしまった気がするので、最後にOSS部としての展望を語りたいと思います。

まず「チーム開発がしたい!」。

OSS部はゆるい部活なこともあって、みんなで何かするということがありません。だけどリモートワークがメインになっている今は、大阪オフィスと東京オフィスの垣根がなくてみんなで何かやるのにもってこいだと思うんです。

すでにAtlassianのJiraというプロジェクト管理ツールは導入していて、チーム開発をする体制は整備済み。あとはやるだけ!

せっかくだから、個人で作るのは大変な規模のWebアプリを作りたいですね。蔵書管理のWebアプリもそのひとつなので、手伝ってくれる方大歓迎です!

あとはオフィス周辺グルメマップとか。これはいま田中さんが取り組んでいるらしいから、勝手に期待して完成を待ってようかな。

以上、OSS部と僕が作ったものの紹介でした!

ここまで読んでください、ありがとうございます!よかったらタンバリンのnoteも見てくださいね!

     ↓↓↓

★タンバリンに少しでも興味をもってくださった方は、ぜひtambourine magazineをフォローいただけると嬉しいです。

★現在募集中の職種は下記に掲載しています!ぜひ、お気軽にご応募ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
19
ども タンバリンでcloud, web, chatOps, IoT開発とかしてます