見出し画像

Tamatebako:親のための幼児教育アプリ

Tamatebakoのアプリは、港区で幼児教室をされている先生たちと一緒に作ったアプリです。

https://tamate-bako.jp/lp/new/

お教室自体は有名私立小学校への受験を考える親御さんたちを中心に、知り合いが知り合いを紹介するという形でひっそりと、確実に実績を挙げておられました。

なぜ「ひっそり」かというと、通い始めた子があっという間に変わっていき、グングンと力をつけていくので、それを見た周りのお母さんたちが「何をやっているの?」と聞いてくるから、広告をしなくても人は集まってくるし、多くなると受け入れが難しいからなんです。

それが今回、なぜアプリになったかというと、先生がタイに駐在されている方々からの要望で海外でのレッスンを始めたことがきっかけでした。タイで1週間お教室をやるといっても、それを毎月やるというわけにはいきません。

そのため、遠隔地でもお教室のエッセンスを受け取れるようにという目的で作ったのが「Tamatebako」のアプリなんです。「Tamatebako」ではお教室でやっているクイズ、工作、絵本など、季節に合わせた内容を毎月更新してご紹介しています。

しかし、1つ誤解をしないでください。「Tamatebako」は一般的な幼児教育アプリとは一線を画しています。単なる教材の詰め合わせではありません。親の取り組み方、取り組む姿勢から変えていくアプリなのです。

お受験というと、子どもが9割、親は1割というイメージがあります。そして、幼児教室がその9割を担っていると。しかし、先生は言います。教室に通っている時間はせいぜい数時間。それ以外の時間は親と一緒にいる。ということは、実は「親と教室」が9割、子供は1割なのです。

Tamatebakoでは「親と教室」の役割を、お教室に通わなくても実践できるように盛り込んでいます。ぜひ、Tamtebakoを体験してみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
お母さんのための幼児教育アプリ「Tamatebako」を運営しています。「Tamatebako」は慶應幼稚舎を始めとした私立小学校のお受験でも通用する、親の取り組み方をお伝えするアプリです。 https://tamate-bako.jp/lp/new/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。