見出し画像

さあ、今年も読書の春がやってきたぞ2022

そうです、時刻表は読みものです!

たくさんの種類が発売されている時刻表、今年も恒例の2冊を買い求めました。

自分の場合、この時期の2冊は閲覧用と持ち歩き用。前者はもうかれこれ30年来、年中行事となっております。後者は季刊発売となって以来、発刊ごとに購入するのが慣例となりました。

これとは別に4月号を調査用に買い求めるのですが、閲覧用と調査用は何が違うのか。それは次回のオンライン公開講座でお話しできればと思います。

次回のオンライン公開講座は3月19日(土)の予定。詳細は後日、お知らせいたします。

それでは次回の投稿まで、ごきげんよう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
tamanabiclub-note(たまなび倶楽部note)

サポートをお願いいたします。いただいたサポートはたまなび倶楽部の運営費として活用いたします。