「足が遅いは遺伝」は真実か?科学の答えとtamamio的考察と、お勧め番組#336
見出し画像

「足が遅いは遺伝」は真実か?科学の答えとtamamio的考察と、お勧め番組#336

おはようございます、tamamioです(^^)皆さんは、運動が得意ですか?そして、お子さんはどうですか?または、ご両親は得意でしたか?

「私が走るの遅かったから、子どもも遅いんだ」「あの子は親が体育の先生だから、運動神経がいい」。これはよく聞きますね。ちなみに「運動神経」という神経系はないそうですよ(^^)

子ども時代、運動のできる子はヒーローです。誰しも、本当は運動ができるようになりたい、と思っているはず。

運動の得意不得意は遺伝で決められているのか」「努力によって得意にできるか」これは子どもの永遠のテーマです

本日は「運動の得意・不得意遺伝説」について発信します。

1「運動の得意・不得意遺伝説」の結論

運動の得意・不得意は遺伝か?結論は、「わかりません」です。

「運動の得意・不得意は遺伝によるところが大きい」という研究者もいれば、「遺伝よりも育ってきた環境の影響が大きい」という研究者もいます。個人的には、遺伝的要素が大きいのではないか、と思いますが・・・。

「運動の得意・不得意は遺伝か否か」についての真実は分かりませんが、私はこの考え方が好きです。ドン!

運動が苦手、体育ぎらいも親ににます。環境の影響はほとんどありません。
運動が苦手、実は遺伝的要素が大きいのです。運動会になるといつもかけっこが1番だった両親の場合には、子どもも足が速いことが多く、運動が苦手で・・・という両親の場合は、子どもも運動が苦手になりやすいのです。(太字tamamio/p39)

ああ、なんか救いがないというか・・・。著者の高橋先生は小児科医であり、小児神経の研究者でもあります。運動でも性格でも嗜好でも、遺伝によるところが大きい。これが高橋先生の結論です。

2 遺伝子情報には”ゆとり”があり、進化の余地がある

「では、遺伝で決められた苦手なことは、努力ではどうしようもないのか!?」と言うと、そうではありません。高橋先生はこう述べます。

遺伝子は変わらないけれど、進化のための”余白”はあります。
遺伝子は精巧なコピー機のように変化をまったく許さないわけではないのです。遺伝子が書くシナリオには余白があって、そのわずかな”ゆとり”があるからこそ、私たちは進化することができるのです。(太字tamamio/p26)

自分から「もっと足が速くなりたい!」と切実に願い、正しい練習をするなら、もともと得意な人にはかなわないかもしれませんが、「ある程度は」できるようになる余地が残されている、というわけです。

3 走り方のコツが分かれば

私がこんな発信をしたのは、娘の言葉がきっかけです。「私が足が遅いのは遺伝なんだね」。

昨日は小学校の運動会でした。娘は走るのが得意ではなく、徒競走ではビリではなかったのですが、ゴールは最後の方でした。

私夫も子ども時代、特別速いというわけではありませんでした。「その二人の子なので、私も遅い」と思ったようですね。確かにそうかもしれませんが、こうも思うのです。

「オリンピックに出るとか、メダルを狙うとかなら話は別だけど、小学校の短距離走くらい”走り方のコツ”さえ分かれば速く走れるのでは?」と。

4 くだらなくて面白くてためになる&なにげに一流な番組がこちら

「走り方が分からないから遅い」という子は、実は結構います。

私は小学校教師です。体育や休み時間、走る子どもの姿をよく見ますが「ああ、そこはこうした方が」と思うことが多々です。ただ、教えても本人は「何を言われてるのかわからない」と言った様子。

そんな技術的な部分を客観的に理解させたい。そう思って、体育のある日に見せるテレビ番組があります。ドン!

これが本当に「くだらなくて面白くてためになる」のです!数あるEテレ番組の中で、一番好きかもしれません。体育の介。

「いくら体育が苦手でも、そんな走り方する人いないでしょう~!」とツッコミを入れたくなるダメダメな体育の介。

そんな体育の介の模範として登場するのはメダリストとか、プロ選手とか、とにかく一流&超一流!鉄棒とか、びっくりしましたもん!

娘に「走り方が分かれば、普通に速く走れるよ。見てみる?」と言って、一緒に体育の介を見ました。走り方が分かれば、あとは本人が頑張るだけ。必要以上に劣等感を感じることはなくなると思います(^^)

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!運動が苦手で、それが悩みで「できることなら上手になりたい」と思っているお子さんをお持ちの親御さんは、ぜひ見てみてください、体育の介。何かのヒントになるのかもしれません!

では、今日も素敵な一日を!ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
tamamio 読書 club🎈ー成長マインドセットを持つ、子育て小学校教師の人生進化論ー

私の創作活動の糧は「読書」です。より多くの書籍を読み、より有益な発信ができるよう、サポートいただけると嬉しいです。

私の記事を読んでいただき、ありがとうございました^o^
tamamio 読書 club🎈ー成長マインドセットを持つ、子育て小学校教師の人生進化論ー
小学校教師です。 今までに、教育書を中心に扱う明治図書出版社から編著2冊出版しました。 現在は仕事と3人の子育てを楽しみながら、自分らしく自由に豊かに生きる道を模索中です。 読書で得た学びをベースに、主に子育てや教育のヒント・考察を発信できたらと思います。