林真紀

フリーランス英日翻訳者・ライター・リサーチャー/発達障害の男の子の物語『キッズライクアス』翻訳出版しました。ご購入はこちらから。(Amazonでもお取り扱い中)https://shop.thousandsofbooks.jp/items/29443703

もっと凡庸を愛していければ

齢43、全てに達観できている気でいた。 そりゃ目の前のいろいろなことに悩んだり腹がたったりすることもある。けれどもそのモヤモヤは思春期や壮年期の頃のそれとは明ら…

「なんで?」と聞かないで欲しい

今朝、こんな記事を読んだ。 ALSに罹患したニャンちゅうの声優が「されて一番つらかった質問」について。その中に、「なんでALSに罹患したのですか?」「なんで治療法がな…

祈るように生きるということ

サムネ画像はバイオリンを弾く息子である。 音楽は少なくとも3~5歳に始めないと絶対音感が身につかないとかなんとか様々な脅しにめげず(いや、ある意味でめげて逃避し…

天職ってそんなたいそうなものじゃない

毎年のことながら、年度末進行は下手すりゃ病む。仕事が多重債務状態になっているのを、感情を殺しながら一つずつ捌いていく。感情を殺しながら、これがポイントだ。「つら…

答えを探さない強さを

今年もあと何日かで終わろうとしている。言うまでもなく今年は大変な年であった。子どもたちが長期休校になったり、夫が在宅勤務になったり、イレギュラーなことがたくさん…

自分を痛めつけないでね。どうか。

女性が輝く社会に、とか、女性が活躍できる社会に、という言葉が溢れる昨今。私も、西原理恵子さんの「専業主婦の幸せはもろい」という主張に、10年前は首ブンブンして頷い…