見出し画像

根っこを育てる南仏の太陽

画像1

梅雨が長かったせいか、8月に入るとコート・ダジュールの光と紺碧の海を思い浮かべました。

画像2

なんだか私はすっかりヴァカンス気分になってしまい、その勢いでレッスンをお届けしようと思いました。

画像3

昨日は6時間に及んだ我が家での食事会!誕生日を祝ったり、久々の再会を喜んだり…6時間ノンストップでみなさんエネルギッシュ!

男性が入るとグッと話題が広がります。政治・経済・時事問題・芸能スキャンダル・下ネタ・恋愛話・老後・・女子会だとこうは行かない。

おまけに、年代もバラ付きがあり、業種も人生経験もバランバラン(笑)。気さくに、それぞれの経験値と目線で、ざっくばらんに語り合うのはとても楽しいものです。

それは、心根の良さもあるでしょう。意見の相違があっても、コート・ダジュールの空のようにからりとしているから。

画像5

一緒に6時間も食べて飲んで喋って笑えるなんて、とても貴重な仲間です。健康でそこそこお金もあったら、やっぱり行き着くところは、人間関係じゃないですか。いや、お金よりも重要でしょう。

オンラインの授業で、学生さんたちはリアルな交友関係を持てないなんて、寂しい(厳しい)でしょう。若いうちは特に、誰とどんな風に繋がるのかは生き方にもダイレクトに影響します。

新しい縁と繋がる事、転機を迎えるきっかけになる事、学校で教えてくれない学びなどなど、思い起こせば多くの事が人を介してやって来ました。

最近では、人間力を鍛えるなどと言われますが、岡本太郎氏が言ったように、「職業は人間」という覚悟を持つ事が、人生をより豊にしてくれるでしょう。生身の人間同士の純粋な付き合い方、自分はどんな生き方をして来たのか、シンプルなだけにごまかしが効かないのが怖いところです。

植物の生育も根っこが重要。根の張らないものは、大きく枝葉を広げる事ができないのは自然の法則です。

これまでの「汗かきベソかきフラワー人生」を、かなり赤裸々にメルマガに書いています。そうすることににって、私自身の内側で新しい革命が起こっている気がしています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます☺️
1
フラワーアーティスト、フォトエッセイスト、フラワー教室主宰。パリで学んだエスプリを花で表現することに命をかけている。子供の頃に見たアニメ「ラ・セーヌの星」と「ベルサイユのばら」に憧れてパリへ花を学び行った元祖オタクです。https://tamaki-flower.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。