見出し画像

全てを癒し新年に向かう

画像1

昨日、今年最後のレッスンでした。人それぞれに、様々あった2020年だったことを痛感しています。

年末になると、そろそろ一年の締め括りという感じがするのでしょう。私を含めて一年の総決算的な態度で花に向かう傾向にあります。

しみじみと、その方が活ける花が、その人そのものだと思うからです。

画像2

明るく来年への抱負を語るというよりも、花を通して今年抱えてきたあれこれを浄化するというような姿勢が見られました。

それを私はただ受け止めるだけしかできませんが、花があることで、よりマイルドに受け止めることができる気がしています。

画像3

教室を開く身としては、様々なことを考えながら慎重に事を進めなければならない日々でした。

先日の記事では、好きな事をする生き方という内容を書きましたが、好きなことができない日々もまた人生です。

その乗り越え方が、その人の未来の糧になる気がしました。泣いても笑っても、怒っても、必ずそれを終える時がやって来る。

それを待つのか、自ら手放して止めるかの違いは大きい。終わらせ方が大事だと今年の最後に思い知りました。

画像4

昨日の最終レッスンでは、「花を続けて来られて、本当に良かった」と言い残して生徒さんが帰られました。

それを見送る私はどんなに幸せか。花よりも人に救われ癒されている事をあらためて思い知るのでした。

誰にとっても、平和なお正月でありますように。しんみりと、そう祈っている大晦日であります。

どうぞみなさま、良い年をお迎えください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
メルシー嬉しいー💕
11
東京・恵比寿で隠れ家サロンのフラワー教室。パリで学んだエスプリを花で表現することに命をかけている。子供の頃に見たアニメ「ラ・セーヌの星」と「ベルサイユのばら」に憧れてパリへ花を学び行った元祖オタクのフラワーアーティストhttps://tamaki-flower.com/