見出し画像

心をデザインする

画像1

何かを表現したいと思う時、自分以外の誰かの心をデザインするという、高く広い視野が必要です。

今日は成人の日でしたが、オンラインで成人式をするというご時世です。残念ながら晴れ着姿の姪っ子に、髪飾りを付ける大役は果たせませんでしたけれど、お祝いの気持ちをブーケにして贈りました。明るい未来を感じさせる早春のイメージで。

まあ、本人はけろりとしていて、翌日から試験だから式が無くなって、少しホッとしているらしい。現代っ子ですね。

画像2

集合無意識体の中で、平均的な思考に甘んじていると、デザインて生まれないんですよね。

私の開催しているレッスンでは、だんだんにクリエイティブに自己の表現をして行く様に促しています。

習い事って、新しいチャレンジをして、自分の世界を広げるためのものだと思うのです。

私は、唯一の自分の世界を手に入れるために、単身でパリへ渡りました。当時ボンジュールとメルシーしか話せなかったけれど、そんなことは何の障害でもなかった。

昨日の記事に書いた、決断の神様はそんな私に微笑んでくれたのでしょう。その経験があればこそ、生徒さんたちを新たな世界へ導くのが私の役目です。

どの世界で生きるのか、自分でデザインできます。日々の習慣だってデザインできるし、自分の心もデザインできる。

小さく閉じた世界にいたら、イメージが膨らまないのでデザインできないだけなのです。できるのにやらないという感じかもしれない。

集合無意識体の中でヌクヌクしていると、失敗が怖くなって動けなくなるから、よっぽどそちらの方が私は怖い。

自分の世界を持つことで、集合無意識体に引き戻されなくなる。ブレない生き方が手に入る。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
メルシー嬉しいー💕
11
東京・恵比寿で隠れ家サロンのフラワー教室。パリで学んだエスプリを花で表現することに命をかけている。子供の頃に見たアニメ「ラ・セーヌの星」と「ベルサイユのばら」に憧れてパリへ花を学び行った元祖オタクのフラワーアーティストhttps://tamaki-flower.com/
コメント (3)
珠樹さん、こんばんは⭐︎
> どの世界で生きるのか、自分でデザインできます。
きゅーん、カッコイイです🥰
例えいろんな規制がある世界だとしても、自分の生きる世界は自由に広がっているのですよね。ありがとうございます😊
深ーく同感です♪
ありがとうございます💕これからますますデザイン力は必要になって来るでしょうね😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。