見出し画像

暇で忙しい軽井沢ライフ

画像1

苔と雪のコントラストが美しい山道をテクテク歩く。今年はこうして散歩が楽しめるなんて、ほんとうに幸せ。

今年の軽井沢は寒い様で暖かくもあり、晴れの日が続く。お正月に降った雪があっという間に解けてしまう。

食事の予定意外に決まったスケジュールがない日々は、なんと贅沢なのでしょうか。しかし、山の暮らしというのは、気がついたらすぐになんでもやることが重要だ。

画像2

家のまわりで、枯れ木を拾って、ポキポキ折っておく。こうしてしばらく乾かしておかないと焚き付けに使えない。

薪ストーブの炎は家中を暖かくしてくれて、東京の暮らしよりも暖かい。家に遊びに来てくれる人は、薄手の着替えを持ってくるほどだから。

そんな風に、のんびりしていたかと思いきや、急に忙しくなるのが軽井沢ライフの常。

不測の事態に備え、気付いたら早めにアクションを促すのは、たいてい夫であります。買い物に出る時も、友人宅へ行く時も、道路状況や道のコンディションを考えて、急に「出かける!」となるから慌ただしい。

さて、昨夜は友人宅でのディナー。喪中仲間が増えるお年頃で、キラキラしたお祝いの宴ではなく、少しずつみんなが持ち寄った前菜が並び、そこからしゃぶしゃぶへ・・・

来た。

画像3

なぜかこの子に好かれて(?)

画像4

動かない💧

画像5

股挟みの術。


この日は、人間よりも犬の数が多く密ですよ〜。

人も徐々に増えて行き、あともう一人分、あともう二人分とお皿が増え、円卓いっぱいにみんなで座っていた。

「円卓って素晴らしいね。どこまでも人数が増やせる!」と、友達が言った。

コロナが私たちに植え付けたのは、人が集まらない事ではなく、誰と集うのかという事だと思う。

安心して、共に過ごせるのは誰なのか。ほんとうに会いたい人は誰なのか。

淡く積もった雪は、太陽の下で跡形もなく消えて行く。


この記事が参加している募集

この街がすき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
メルシー嬉しいー💕
7
東京・恵比寿で隠れ家サロンのフラワー教室。パリで学んだエスプリを花で表現することに命をかけている。子供の頃に見たアニメ「ラ・セーヌの星」と「ベルサイユのばら」に憧れてパリへ花を学び行った元祖オタクのフラワーアーティストhttps://tamaki-flower.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。