見出し画像

どこ見て活ける?生きる?

メグ

                             (生徒作品)

人生を変えたくなったとき、生活環境を変えてみる人が多い。ちょっとオーバーだけど、花を習ってみたくなるのかもしれないなんて、この数年思う様になりました。

その根拠は、ガラリと、レッスンに来る人たちの客層というか、カラーが変わったと感じるからです。以前は、フレンチスタイル・パリスタイルの花がやりたいと、形から入る人が多かった。

これはきっと、私の方向性が変わったからなのだと気付きました。そもそも、市場規模が小さいところで「パリスタイルのお花素敵でしょう」とやっても、「素敵素敵」の連発で、本当に届けたいところに到達しないのです。

本当に花のある暮らしを楽しむには、日常レベルでその感性を磨いて行く必要があり、それこそが私がパリで学んだ「マダム道」であります。

ここ数日の大雨で、一時的に高速道路が通行止めになったりして、出荷が遅れたりしていました。温暖化による異常気象の悪影響は年々増大しています。

日本ほどこの環境問題に取り組んで来なかった国は、先進国の中でも珍しいのではないでしょうか。ドイツ・オランダなどから非難されても仕方ありませんね。具体策が何も示されていないのですから。

目先の利益を追求し過ぎて、本当に大切な根っこが、土に埋もれている普段目に見えないものがどんなに大切なのかがわかっていないと足元すくわれます。私がその足元すくわれた経験があるからこそ、その痛みがわかります。

9月以降、花業界だけでなくどの業種も生き残りが厳しい時代を迎えます。いかに感性を磨いて、クリエイティブに乗り切るか、そこにかかっていると思います。

画像2

さて、日常レベルでの環境問題。

こちらの作品は、ちょうど今月のレッスンの際に、新居に引っ越した新婚さんのもの。こんなにのびやかに、堂々と花を活ける様になったなんて、もう先生感無量。

たまに、「ちょっとご相談したい事があります」と、レッスンの後に苦しい胸の内を打ち明けてくれたこともありました。でもこの1年で、見違える様に、さなぎが蝶に脱皮したかの様に、どんどん自分の未来を切り開いて飛んで行きました。

いつの日か、お祝いしましょう。

また、先日の夜、はしばらくご無沙汰をしていたMちゃんから突然、「私、子育て向いてません〜涙」的なラインが来ました。またレッスンに来たいと言っていたのが、お子さんが昨年生まれてしばらく会っていませんでした。

そうね、Mちゃんは子育て苦手っぽい。わかるわかる。だからって向いてないわけではなく、責任があるってことには間違いない。くだらないこと考えてないで、さっさと寝ちゃいなさい。by TAMAKI

そう一喝してもらえると気持ちが軽くなります!おやすみなさい(笑顔)。by Mちゃん

(あら、意外とあっさり寝たね。一喝したつもりないんだけど。。)

今はオンラインでしかレッスンやっていないので、直接お会いすることもないのですが、だからこそ近くに感じることもあります。気軽にこうしてメッセージでやりとりする事ができるなんて、素晴らしいじゃありませんか。

別に、レッスン受けなくてもラインは無料ですから、一喝されたい方いつでも気軽にご連絡くださいね(笑)。

私も知らなかったのですが、ラインアカウントって個別にやり取りできるんですね。作ってはみたものの、まだ宣伝していないのであまり情報発信に役立っておりません(笑)。別に、発信する情報もないので、Mちゃんみたいに駆け込み寺にしていただければと思います。


tamaki-flowerがLINE公式アカウントに登場!

お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。


この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます☺️
2
フラワーアーティスト、フォトエッセイスト、フラワー教室主宰。パリで学んだエスプリを花で表現することに命をかけている。子供の頃に見たアニメ「ラ・セーヌの星」と「ベルサイユのばら」に憧れてパリへ花を学び行った元祖オタクです。https://tamaki-flower.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。