共生を思うお正月
見出し画像

共生を思うお正月

熊谷珠樹フラワーアーティスト
元旦

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

雪を被った浅間山

大晦日に北陸新幹線に乗り込み軽井沢へ。高崎を過ぎて、長いトンネル抜けたら雪景色でした。

こちらの寒さは、痛いという表現がぴったりです。手袋している指先がじんじんと痺れる感じ。

除夜の鐘

年末年始は家族や友達と軽井沢で過ごすのですが、私だけ30日まで仕事があるので新幹線で駆けつけます。私以外は皆さん優雅なんだなあ(笑)。

そして、大晦日の0時に近所のお寺へ除夜の鐘つきに行くのですが、残念ながら今回も中止となりました。

翌朝、お寺へお参りして、お札と絵馬を頂戴しました。本堂では御住職が般若心経をあげていて、障子を少し空けておいてくださるのです。

般若心経が響く

お寒い(痛いくらい)でしょうに、ありがたいこと。いつもなら、大晦日の夜は、檀家の方々のお炊き出しで、温かいおでんや甘酒を振る舞ってくださいます。お土産にはおみかん1つ。

当時小学生だった甥っ子が「お父さん、いくらお賽銭払ったの?このお寺、赤字じゃね?!」と、失礼な心配をしたくらい。

凍る野鳥の森

静かで穏やかなお正月を過ごしております。野鳥の森では、人の気配がなく、動物たちの息遣いを感じます。

動物の足跡
熊?
猪?

自然は美しい姿を見せてくれるけれど、危険も孕んでいます。だからこそ、人間は知恵を使って共生の道を見出す使命があるように思います。

夕暮れ

日が暮れたら、野生動物達の活動が始まります。急いでうちに帰って、お風呂に入る。そんな日常を退屈だと思うか、ありがたいと思うのか。

2022年は、「ありがたい」方に目を向けて、人と、自然との共生を目指したい。そして、病との共生もこれからの課題です。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
はなまるな一日を✨
熊谷珠樹フラワーアーティスト
東京・恵比寿で隠れ家サロンのフラワー教室を運営。パリのエスプリを感じながら、自分らしく花を飾り、理想のライフスタイルを実現する人たちを導いている。https://tamaki-flower.com/