サムネイル__1_

動画はこの3つの場面で使おう!

今日は「YouTubeの中以外で、動画ってどんな時に使ったら良いの?」という質問が多かったのでシェアしたいと思います。

それでは早速。

動画を活用する場面は次の3つです。

①お客さんとの最初の接点に使う
②情報発信の時に使う
③CTAやクロージングで使う

大きくこの3つの場面。

ここで動画を活用すれば、効果が大きいです。

それぞれ見ていきましょう。

①お客さんとの最初の接点に使う

お客さんと最初接点つまり、『お客さんが最初にあなたに出会うところ』で動画を活用すると言うことです。

最初の接点としては、

・YouTube
・Twitter
・Instagram
・Facebook
・ブログ
・広告

などがあります。

このようなお客さんとの最初の接点に動画を使うことで、

・より見られる
・より価値観が伝わりやすい
・より親近感や信頼性が高くなる

という効果があります。

効果抜群なので是非活用してみてください。

②情報発信の時に使う

どんなビジネスであれ、定期的に情報を発信していかなければ集客はできませんし売上もあがりません。

定期的に情報発信する手段としては、基本的にはお客さんとの最初の接点と一緒で、

・YouTube
・Twitter
・Instagram
・Facebook
・ブログ
・LINE公式アカウント
・その他プラットホーム

これらの手段があります。

定期的に動画で情報を発信することで、親近感が高まったり、信頼性や信用があがっていきます。

あなたも同じ商品・サービスを購入するのであれば、絶対に信頼できる人から購入したいですよね。

それと同じで、信頼や信用がなければ商品・サービスは売れません。

この場面でもどんどん動画を活用していきましょう。

売上が全然違ってきます。

③CTAやクロージングで使う

CTAとはコール・トゥ・アクションと言って、要は『お客さんに行動を求める』ということです。

例えば、

・メルマガに登録してもらいたい
・LINE公式アカウントに登録してもらいたい
・商品・サービスを購入して欲しい、試して欲しい
・資料請求して欲しい
・問合せして欲しい
・予約して欲しい

このような場面で動画を活用します。

このCTAつまり、『お客さんに行動を求める』という部分は非常に重要です。

なぜならこれがなければお客さんは何をして良いのかわからないからです。

お客さんが、売り手側の意向を理解して『何も言わなくてもその通りに動いてくれる』なんてことはありません。

このあたりを勘違いしている方が非常に多いので注意してください。

以上、動画を使う3つの場面でした。


この3つの場面で動画を活用することで、露出と信頼性という集客に必要な2大要素を高いレベルで満たすことができます。

このようにこれから先は、動画集客が当たり前になってきます。

その時に対応しようとしても、なかなか大きな効果を得ることができませんし、それまでの機会損失も計り知れません。

なので、いますぐ動画集客に取り組むようにしていきましょう。

YouTubeでもこれらのことをお伝えしていますのでぜひチャンネル登録してください^ ^

画像クリックしていただくと、YouTubeに飛びます↓

サムネイル


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!ありがとう!
1
こんにちは、奥拓也です!動画を活用した実務的なマーケティングをお伝えします。ブログサイトはこちら→https://one-entre.com