TAKU

アプリ・システム・デバイス系のマニュアル制作ディレクター。書くことがライフワーク。

消えゆく「トリセツ」を生業とすること

30年前、ワープロやパソコンに同梱されている取説は、電話帳のように厚かった。 20年前、ワープロが発売されなくなって、パソコンがずっと簡単になって、取説の厚さが少し…

拝啓、名無しの王子様へ「#2000字のドラマ」

――あれは確か、高3の冬。吐く息が真っ白になるいつもの朝。「彼」と出会ったのはそんな時期のことだった。 「……なんだこれ?」 わたしがいつものように自転車で学校…

僕らの約束「#2000字のドラマ」

「もう、こうやって三人で会うのもこれが最後なのかな……」 ぽつりと、反芻するかのようにユイナが言って、空になったワイングラスをちゃぶ台の上に戻した。 6畳の広さ…

「書く」にかかわる

原稿料や印税収入だけで暮らしていけたら、なんて幸せなことなんだろう。 そんなふうに考えていた時期が僕にもあった。 たとえば小説家だったり、漫画原作者だったり、脚…