ご当地ラーメンと相沢食料百貨店さんの爆速ぶりをご紹介。ともにもう少しで100周年。
見出し画像

ご当地ラーメンと相沢食料百貨店さんの爆速ぶりをご紹介。ともにもう少しで100周年。

猿払のご当地ラーメン「まるごとほたてらぁめん」が発売開始となったのが8月13日のこと。

私は新商品を広めたく、Twitterやnote、Facebookで販売開始をご紹介。皆様から多くの方から反応があって嬉しかったです。

その中の一つに、相沢食料百貨店さんの引用リツイートもございました。内容がとっても嬉しいもので、「仕入れなくては〜」とのツイート。

これは、「稚内市での販売も開始されるかも」と期待が高まりました。

すると、なんと3日後には「猿払から新作ラーメン入荷しました〜🍥🍜🐒というツイートが。

恐るべき爆速での入荷を実現してくれました。

ここで、終わりではありません。

なんとなんと翌日(本日)には、ネットショップでの展開もスタート。超爆速での展開に驚くとともに、尊敬の念を抱きました。

ということで、猿払での販売開始から一週間で稚内市とネットショップでの販売が開始されるという嬉しい流れになっています。


ここで、相沢食料百貨店さんのご紹介を。。。

【HPから】設立は大正13年。まもなく創業100年を迎えようとしている。「また行きたい」「このお店から買いたい」と思っていただけるようなあたたかい店づくりに努めますと記されています。地元の経済が発展する一助となれるよう、地域の食文化に根差した鮮度のいい食材、全国で誠実なものづくりをしてくださっている生産者の商品を選りすぐってお届けいたします。稚内の皆さまと一緒に、食の喜びをつくっていきます!

地域の食文化に根ざしたという言葉がとっても良い響きです。このような理念のもとで営業されているお店で販売していただけるということは本当に嬉しいですね。

「まるごとほたてらぁめん」の他にも、さるふつバターの販売もされていて、猿払村民として、これまた嬉しい限りです。

過去には、猿払村で開発したご当地ポテトチップスを持って私が飛び込み営業したことも。突然の訪問にも関わらず、話を聞いてくださり販売もしていただきました。

この様に、地域性や独自性のある商品を積極的に取り扱ってくれるお店が近くにあるのは、商品開発や販売を考えるにあたってとても心強いです。

実際にお店を訪問して、並んでいる商品を見ていると、他店では置いていないものも多く取り扱っています。

眺めているだけでも楽しいですし、ついつい値段が張っても気になる商品は買ってしまいます。調味料や飲料なども、個性的なラインナップを取り揃えられています。

今後も、相沢さんで販売してもらえる商品が猿払から誕生することを願っています。そして、私もできることがあればサポート、参加していきたいと考えています。

ちなみに、設立が大正13年の相沢食料百貨店さん。猿払村も開村したのが、大正13年です。

もうすぐ、お互いに100周年を迎えるという共通点。なんだか嬉しいです。相沢食料百貨店さんの益々の反映をご祈念申し上げます。

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは、また次の記事でお会いしましょう。


下のリンクで、ネットショップのリンク先を紹介しています。まるごとらぁめんさるふつバターなどをお買い求めいただけます。


食品館あいざわHP

ネットショップ





この記事が参加している募集

ご当地グルメ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
猿払を愛する人┃ SNSを駆使した地域プロモーションがライフワーク┃drip / Pau lSmith 愛用┃IoT活用してのイチゴづくりに挑戦中🍓