見出し画像

iPhoneXとカメラのいいところ。


フォトグラファーのtakumiYANOです。

死ぬほど言われるのが、
iPhoneここまでよくなったから、カメラマンとして食っていけるのもそろそろ終わるんじゃない?と言われます。

そのとおりだと思うし、そうでもないのかもなって、思います。

ここまでの写真全部iPhoneです。

|iPhoneの良さってなんなの?

・手軽
荷物(カメラ。笑)が少なくなって、身体がめっちゃ楽です。

・アプリ直結
例えば加工アプリ、VSCOに直結できるし、
すぐにインスタにも、Twitterにもアップできる。

これは本当にすごいと思います。
保存した写真をAirDropでMacにすぐ移せる。

・そんなに低画質じゃないと思うんだよなあ…。
記事に普通に使えると思うんです。

・そこらへんのカメラよりボケるやん笑
僕の愛用のiPhoneXでは、
Focosによって、恐ろしいほどボケが再現できます。
Xsもめっちゃ標準でできますね…。

…ある程度のWEB記事の仕事これでできるのでは…。笑

|カメラの良さって?

・すぐ撮れる。
意外かもしれませんが、これ結構あります。
使い慣れたカメラだと、iPhoneでアプリを出すよりさっと構えて、”撮る”機能しかないカメラでシャッターを切れる。

・ストロボで元の写真をよくできる。
僕が結局こだわる点なのですが、
インタビュー撮影などはどうしてもやっぱりお顔に光があたってないと正直微妙なものが多いです。のっぺらしてしまう。
これを解決できるのは、カメラのストロボだったりするんですよね。

・印刷物にこだわるなら。
前の良い点と同じなのですが、高画質で印刷も、となると、ストロボ必須だったり、カメラでの画質が大事だったり。
例えば、めっちゃくっきりデティールを表現したいときってF値を8〜16にするのですが、その分暗くなってしまいます。その場合、ISOというものをあげるのですが、簡単に言うと、屋内であればかなりノイズがでます。そんな時にライト・ストロボを使うわけです。

・レンズ交換の楽しさ。
iPhoneじゃ撮れない距離・画角を楽しめるところかなあ。

あとは、まだまだ、カメラマンさんに撮ってもらう仕事の人は、カメラマンさんはカメラで撮ってほしいのではなかろうか。マインドの問題ですね。

でも結構極論、iPhoneXだとめっちゃ写真楽しいので、これ買うのおすすめだったりします。

これ、読んでみて下さい。笑

とにかく、写真、楽しめる人が増えたらいいなあって思ってます。

始めたら教えてくださいね。

いつもありがとう。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけましたら、作品制作に全力で投資させていただきます…!ありがとうございます!!

48
写真家・カメラマン・salon de photo主宰/宮崎生・長崎大卒業・東京拠点・パリ留学/広告・取材・宣材写真撮影(JAL・Wantedly・Yahoo!・NewsPicks等)/透明感をテーマに。/ #フリーランスクリエイター1年目の教科書/魔法と現実と/#青とニューヨーク
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。