見出し画像

家の外観、白か黒なら?

こんにちは。

建築コンサルタントのtakumiです。

本日は、家の外観のお話です。

「白か黒か」って言いますけど、

白と黒ってどんなものでも多い!家もそうですが、車なんかも白と黒ばっかりですよね。

オセロかよって思います^^;


あと、街を歩く人々の服も白と黒がめちゃ多い!

やっぱり、白と黒ってベースにすると、他の色を合わせやすいし、失敗しにくいですからね。

取り扱いやすい色なので、多いのも分かります。

ということで、


本日のテーマは、家の外観の色、選ぶなら「白か黒か」どっち?

をテーマにお話します。

(もちろん、他の色を選んでもまったくOKではあります)


■白っぽい外観の印象はどうなのか?

画像2

正直、「失敗したくないんですけど、何色が良いですか?」と聞かれると、

やっぱり、無難なのは白系、とお答えしています。


白系は、「最も飽きにくい色」といえます。

オーソドックスな色で、昔からよく使われる色ですからね。

そして、白は膨張色ですから、大きく見えます。大きく見せたい場合は、真っ白が良いです。

画像5

内装なんて、ほぼ白系ですよね。内装は、白っぽい色にすると、広く見えて明るいからですね。

(下手に内装に濃い色をつけて、どんより、重ーい部屋になっているのをよく見ます^^;)

また、清潔感がある色ですから、印象も良いですよね。

ただ、真っ白だとどうしても汚れは気になります。

最近は、雨で汚れが落ちたり、光の力で汚れを分解(←光触媒と言います)するような塗装もありますけど、それでも真っ白を保つのはなかなか困難です。

また、落ち着いた雰囲気を出したいなら、真っ白だと「明るすぎる」ことから、真っ白よりも少しベージュやクリーム系の方がしっくりきます。

ピンクベージュの洋風モダン↓↓↓

画像6

それと、白系の家が多いから、周りに馴染みやすいのは白系ですね。

「目立ちたい!」という方には、白系はそんなに目立ちませんから、他の色を考えましょう。


■じゃあ、黒っぽい外観はどう?

画像3

では、黒系だとどうかと言うと、、、

濃いグレーや黒を基調とすると、引き締まって、カッコイイ

そして、黒って高級感があります。

(黒塗りのベンツとか、、、)

家の場合は、外壁は窯業系のサイディングが多いんですが、

黒系だと、ガルバリウム鋼板のサイディングの方が固くてクールな素材感が出るので、イメージにあうかもしれません。

ガルバリウム鋼板↓↓↓

画像4

ただ、黒系はどうしても「重たい」印象があります。

住宅をはじめ、建築ではあんまり、真っ黒ってないものです。

真っ黒だと、ちょっとコワイ感じがしますよね^^;

ホントに漆黒の真っ黒!って家、ほとんどないとは思います。

真っ黒って、日に当たるとグレーに見えますし、必ず色あせしてくるので、あんまり手を出さない感じはしますよね。


そんな黒系の汚れ度合いはというと、

黒やグレーも、実は汚れが目立ちやすいものです。

やっかいなのは、「とりのふん」・・・(TT)

濃い色の外壁だと、スゴい目立つ!

まぁ、雨でそのうち流れますけど、結構気になるポイントではあります。


■まとめ

いかがでしたか?

白も黒もステキですが、迷ってしまうとなかなか難しいものです。

最終的には、白×黒にするか、、、?

私的には、若干、白が無難という方向になっておりますが、色選びの何かしらヒントになれば、と思います(^ ^)

【家づくりの勉強】

家づくりをはじめたあなたへ。

素敵なこだわり家づくりに向けて、特別無料メルマガ講座はこちらです。

落とし穴にはまらず、素敵な家を手に入れるための秘訣をお伝えしていきます。

今ならE-book『あなたが知らない家づくり7つの真実』プレゼント中!

クリックして今すぐ登録する↓↓↓

★バナー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
10
一級建築士・建築コンサルタント。住宅をはじめ建築全般で施主をフォローするチェック&アドバイザー。特別無料メルマガ講座~【危険回避の7つのチェックポイント】プレゼント中⇒https://taku-kenchiku.com/lp/takumimerumaga-n/