見出し画像

【超簡単】誰でも泳ぎが身につく新しい水泳訓練法【3時間で「向こうの島まで泳げるぜ!」化を保証】

画像1


誰もが経験する成長体験。

それは、小学生から中学生になって、自転車で隣町へ行けるようになることです。

その瞬間、世界観も交友関係も全てが一変し、新しい世界へのワクワク感で日常が満たされます。

「泳げない人」は、「あの感動」に匹敵する経験を得損なっています。


■1. 泳げないのは人生の機会損失

画像2

□ 1-1. 泳げない若者が増えている

「陸上にはない楽しさ」で満ち溢れた海。

しかし、若者の水泳への苦手意識が高まりつつあることが、2013年の日本テレビの意識調査から明らかになっています。

30代以上の「泳げない」という回答は、わずか9%
対し、10代〜20代の52%が「泳げない」と回答しています。



□ 1-2. 泳げない人に特有の悩み

「泳げない」ことはコンプレックスの種です。
しかし、このコンプレックスは、克服することで人生を彩る武器に転じてくれます。

✔︎ 自分だけ泳げない → 「泳げる」という自信
✔︎ 水泳が成績の足枷 → 水泳で「5」は余裕
✔︎ 水に対する恐怖心 → 海を連想するだけで泳ぎたくなる
✔︎ 海遊び、海デートに尻込み → 夏の積極性
✔︎ 子供が泳げるか不安 → 子供が自信満々で泳いで、誇らしい

□ 1-3. 泳ぎを身につけるのは、早ければ早いほど良い

泳ぎは、人生の早期に身につけた方が絶対に得です。
なぜなら、「泳ぎ」の習得が早いほど、人生全体でより大きな恩恵が享受できるからです。

特に、学生時代の夏は重要です。
自由度の高い夏休みに「泳げるか、泳げないか」の差は、人生の分岐点となるほどの余波を残します。

「泳げるか?」は、周囲へ有能さをアピールする上での、重要なターニングポイントとなるでしょう。
ここで成功すれば、周囲からの有能だと認められるでしょうし、男としてあなたを見直す女性も現れるかもしれません。

青春時代は一度きり。
仮に社会人になってから泳ぎを覚えたところで、泳げないまま過ごした学生時代は回収できません。
学生時代の日々を後悔しないためにも、学生時代の間に問題解決してしまいましょう。


□ 1-4. 泳げない人の課題は何?【答え→まず水に浮かべるようになること】


泳げない人のたったの1つの問題点。

それは、「水に浮かべない」ことです。
この文章を読んでいるあなたもその1人かもしれません。

このタイプの人が抱える問題は、水に対する恐怖心が強いことです。
恐怖心のために体が緊張しているので、いくらクロールや平泳ぎを実践しても水泳は絶対に成功しません。

ですから、最初にすべきことは「水に対する恐怖心の克服

これに尽きます。

本noteでは、水に対する恐怖心を確実に消す」ための方法論に特化しました。
なにも抽象的な解説に終始せず、「物理学に基づくメカニズム(認知)」「実際に浮く体験実践)」の2つを通すので確実です。

危険性や年齢制限もないので、保護者同伴なら5歳児から実践可能でしょう。

□ 1-5. カナヅチだった私が泳げるようになった経緯

かくいう私も、つい2年前まで、重度のカナヅチでした。
小〜大まで水泳は大の苦手科目。
水泳の授業がある前日には、憂鬱な気分になったものです。

25mは泳げない、頑張って泳いだら変な方向に暴走して迷惑をかける。

水泳に対する苦手意識は「できない」コンプレックスとなり、新しい挑戦を妨げるネガティブな自己イメージに繋がっていました。

そんな私が泳ぎを身につけたのは、インド留学の帰りに訪れたバリ島滞在中。


偶然、「ある道具」を身につけて海に入ったところ、いとも簡単に泳ぎを習得できたのです。

泳ぎが楽しくて仕方なくなった私は、それから毎日、海に通い詰めます。
水に浮かべるようになって3〜5日後には、約5時間、一度も陸に戻らずの遊泳に成功。

夕暮れの海上から、背泳ぎで、島の向こうに沈みゆく紅の太陽を眺めて、えもしれぬ高揚感を覚えたものです。

画像3


私の海通いは、止まらなくなります。

日が経つにつれ、暴れるような犬かきが、平泳ぎやクロール、背泳ぎなどの「水泳」に進歩していったのを鮮明に覚えています。

今まで大の苦手としていた水泳技術が、水に浮かべるようになった途端に一気に上達していったのです。


つい数日前まで支配的だった「泳げないから海が嫌い」という消極性は、「必要なら向こう島まで泳いでやるぜ!」という積極性に変わっていました。

そして、陸に戻った夕方の砂浜で、特に縁のなかった現地バリ女性から、逆ナンパまがいの声かけまで受けてしまいます。
(雑誌の裏表紙の広告みたいですが、リアルな体験です。)


つまり、「泳ぎを身につけた」先に待っていたのは、かけがえのない成功体験です。


このバリ島での経験を持ち帰り、考察に考察を重ね、ついに「誰にでも通用するノウハウ」にまで昇華することに成功しました。

今、泳げない人は、才能のせい」半ば諦めかけではないですか?

それは100%思い込みなので、いますぐ忘れてくださいね。

100%と言われると「胡散臭い」とお考えかもしれません。

それでも本実践の効果は、100%と言わざるをえないのです。

なぜなら、人体が水に浮かぶことは、物理学で証明済みの事実だからです。
物理法則に抗えるという人だけ「才能のせいで泳げない」という自意識を持ち続けてください。

あなたが泳げない理由は、単に学校教育の過程で、間違った学習プロセスを刷り込んできたというだけのことです。

これを打ち消す実践方法を本noteで伝授致します。

魚のように浮かぶことが、全ての始まりとなるでしょう。


□ 1-6.  料金の根拠


料金は800円に設定しました。
対価は100%泳げるようになる実践法です。

実践法は物理学に基づいており、その証明として私の末期的なカナヅチを克服させています。
再現性には強い自信があります

少しだけ情報提供すると、泳げない人のパターンで多いのは、体育の授業で教わるビート板のせいです。
これに最長12年(小中高)を奪われますが、本noteを読んだ瞬間に、その無駄が人生から消えます。

当然、泳げるようになれば「周囲から有能だと認知される」「モテ」といった副次効果も得られるでしょう。

さらに世代を超えて語り告げる知識なので、あなたの子々孫々まで救うことができます。

こうした恩恵の対価が800円というのは良コスパだと思います。

さらに、もし本実践が効果を発揮しなかった場合、1年間の返金保証を約束します。
これは、読者様に確実に泳げるようになっていただくための措置です。

内容に強い自信があります。
いますぐ泳げるようになりたい」「子供に泳ぎを覚えさせたい」という方は、是非ご一読ください。

※1 
本noteは、クロール、バタフライ、息継ぎなどの技術読本ではありません。

※2
別途、ある補助具が必要です。
本実践の革新的な部分ですが、持ってない場合、別途1,000円ほど出費が必要です。


では、なぜ「人体は、100%水に浮かべる」と言い切れるか?

早速、この疑問について、物理学の見地から答えていきましょう。

仕組みは単純です。


----------------------------------------------------------------------------



■2. 「 人体は水に浮かぶ」 ← 物理学で証明するよ

この続きをみるには

この続き: 6,282文字 / 画像3枚

【超簡単】誰でも泳ぎが身につく新しい水泳訓練法【3時間で「向こうの島まで泳げるぜ!」化を保証】

takohiro

800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。