見出し画像

作ったものについて語るnoteはじめます

いつもSNSやweb shopをご覧いただいている皆様ありがとうございます!
また、たまたまここを見つけてくださった方はじめまして。

CHIMNEYとrökの作者でございます。

企業でのフィギュア・ジオラマ制作やグラフィックデザインの経験を経て、
フィギュアの制作技術を駆使した作品を制作しています。
また、フリーランスのデザイナーとしてもお仕事をしています。


☝︎CHIMNEY看板娘の突風ちゃん


普段かなりインドア型作家なんですが
この度、noteで作品について伝えることを頑張ってみることにしました!


新作や長く作っている作品について、ひとつひとつの作るきっかけやエピソードを、ゆるく語って行こうと思います。
ゆくゆく製作中の様子なども書いていけたらいいな。



今回ははじめなので、ふたつのブランドについて!

CHIMNEYについて

2009年にスタートしたアクセサリーブランド「CHIMNEY」では
フィギュアの制作技術を応用した、身につける人の表情をちょっぴりゆるめるアクセサリーやオブジェを発表しています。


年に1~2度個展を行いながら、
企業キャラクターやクリエイターさんとのコラボも積極的に取り組んでいます。

手塚治虫生誕90周年 コラボシリーズ


Q-TA×CHIMNEY コラボリング[2016]

基本的に、原型を作る→型を作る→染めた樹脂を流す→埋めたり削ったりして整える→下地処理→塗装・コーディングという制作工程です。

フィギュアを作る製法を応用していますが、身に着ける・使うものなので強度を出すために、完成イメージに合わせてパーツの分け方や型の作り方、塗装の仕方を変え、工夫して制作しています。
(なので、純粋なフィギュアのクリエイターさんからみたらめちゃくちゃな作り方をしています…)
melmelmeelme!さんとのコラボではフィギュアも作りました!

rökについて

2017年末には、飾り、彩り、楽しむことのできるオブジェ作品を発表するrök(ローク)をはじめました。
(「rök」はスウェーデン語で「煙」という意味です!煙突つながり。)

「今好きなもの」「今好きな形」を組み合わせ、
自分の好きな作り方で新しく生み出すなら?
ということを考えながら作っています。

rökでは主に花器を作っています。

花器のおもしろいところは、購入してくださった方が、
お花のチョイスで花器全体の雰囲気を変えてしまえるところ。

お花をときどき入れ替えて、オブジェの世界をカスタマイズしながら楽しんでほしい!
rökではそんなことを考えながら作品を作っています。


昔から家には母親が育てたお花で溢れてるので、
ちょっとしたルーツになってるのかも?と思ったり…

次の記事からはいよいよ、それぞれひとつの作品について語ります!
はじめはどの作品にしようかな〜
お楽しみに…🍀

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます〜
14
企業でのフィギュア・ジオラマ制作やデザインの経験を経て、フィギュアの制作技術を応用した作品を制作しています。作品について語る記事をメインに掲載しています。CHIMNEY'09- / rök'17-フリーランスのデザイナーとしてもお仕事をしており、学ぶ用アカウントでもあります👶

コメント4件

シュールさと可愛らしさの同居が たまりません。とっても素敵ですネ。
バるさん
ありがとうございます!嬉しいです~!
はじめまして!
どの作品もみんなかわいくてドキドキしました!
フォローさせていただきました^ ^
よろしくお願いします!
スミレさん
コメント・フォローありがとうございます!(気がつくの遅れてすみません…!)
少しずつ書き溜めて行きたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。