見出し画像

イカメン秋のバンコク 1日目 2019年9月12日

秋のバンコク初日は夕方から始まった。旧市街と呼ばれる西側のエリアにあるファンナコンバルコニーが今回の旅の宿だ。グーグルマップで4人部屋を検索して最初に出てきた宿。小学校を改築したという箱庭型の建物が可愛かったのと、安かったので決めた。お庭も部屋も写真で見た通り可愛く清潔で嬉しかった。ダブルベッドの部屋がみづ紀ちゃんとパンちゃんの部屋、ツインベッドの部屋が私とかかこさんの部屋。荷物を置いて夕暮れの街に出る。これまた検索で見つけた、ホテルから徒歩5分の小さな食堂へ。英語とタイ語併記のメニューを見て、青菜炒め、海老の素揚げ、トムヤムクンなどを注文する。コーラで乾杯した。安くておいしい料理をぱくぱくと平らげる。海老なんかがひとつ余ると譲り合う。異国に着いた初日ってどうして目に映るものすべてが鮮やかに輝くんだろう。すすけた壁に貼られた古びた浮世絵のポスター。ほこりっぽいシーリングファン。空席に寝そべる猫。大学の卒業式のような記念写真はこのお店の家族のものだろうか。私たちはずっと話していたけれど一体何を話していただろう。こちらに向けられた扇風機から勢いよく風が吹き付けられて、私たちのおしゃべりは色とりどりの糖衣のかけらになってバンコクの空気に拡散されていった。

空港からホテルに移動する車で食べたメロンのデザート

ホテルの猫

ダブルベッドの部屋

ツインベッドの部屋のテーブルセット

ホテル向かいのお寺

このあとコースターがわりの紙ナプキンが扇風機の風に吹かれて飛んだ

トムヤムクン

何かのスイッチが入って笑いが止まらない

食堂近くのアイスか何かの屋台

本屋さんに貼ってあったポスター。本が毛深い

黄色いお花と私の足

ホテルの庭の噴水

ホテルの庭にある廟

可愛いオープンスペース

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキを押していただいた方にはスシをお出ししております。サポートしていただいた方には一言メッセージをお送りしております。

いくら軍艦お待ちッ!こぼれるくらい乗っけたよッ!
28
漫画を描いたりエッセイ書いたり。noteでは『毎日、いい気分。自分の機嫌を自分でとるためのカンタンTips』「ショッキング・ブルーデイ』販売中。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。