武田 斉紀 / ブライトサイド(株) 代表取締役、産業能率大学兼任講師

東京大学卒、(株)リクルート入社。人事部経てHR事業部で様々な業種規模の企業をコンサルティング。2003年に理念経営コンサルの現社設立。著書『行きたくなる会社のつくり方』他多数、三菱UFJ銀行の法人向けサイトで10年以上コラム執筆、日経ビジネスでも上位ランク獲得。全国各地で講演

第5回 社長の思いを明らかにする質問<未来編・社長の個人史編>

1 “人生の価値観”は20歳(ハタチ)くらいまでにできあがっている  多くの人にとって、“…

第4回 社長の思いを明らかにする質問<現在編・過去編>

1 「社長の思い」を明らかにする4種類の質問の関係とは?  「社長の思いはこうすれば伝わ…

第3回 まず振り向いてもらうための「理念の表現」

1 話を聞いてもらうために、最初の一言にこだわる  第1回、2回と「中堅中小企業や不人気業…

100

第2回 「理念採用」は「合う採用」で「愛採用」

1 最初にするべきは、大きな声で自社の“思い”を知ってもらうこと  前回よりスタートした…

100

第3回 社長の思いを明らかにする4種類の質問とは?

1 「社長の思い」の整理・明確化のプロセスは“オーダーメード”  「社長の思いを伝える、…

第2回 社長の思いがしっかりしていないと“そもそも”始まらない

1 社長の思いは、現場の従業員が行動し、お客様や社会に伝わってこそ  第1回は「社長の思…