見出し画像

【読書感想】米澤穂信『王とサーカス』

竹竿

2019/03/11 読了。

米澤穂信『王とサーカス』

元新聞記者の太刀洗 万智は、旅行特集の仕事のためにネパールに滞在していた。そんな中、王宮で国王殺人事件が起こる。万智は、総合ニュース誌である月刊深層にルポを載せる事になり現地を駆け回る。

粗い筋を書くとこんな感じ。ミステリ小説と言い切れるし、殺人も推理もトリックも謎解きもある。あるけれど、あるけれど、あるけれど、それだけじゃなくて。価値観や倫理観をひっくり返された上で、透明度の高い視野を与えてくれる凄い小説だった。

実際に起きたネパールの王族殺害事件をモチーフにしてあるが、現実と創作部分の融合が素晴らしいので、まるで自分もネパールに居るようなリアリティを持って読んでいた。 

「自分に降りかかることのない惨劇は、この上もなく刺激的な娯楽だ」

ある登場人物の言葉だ。万智にもだろうが、私にもぶっ刺さった。どうか抜けずにぶっ刺さり続けてくれ、と願う。

#王とサーカス  #米澤穂信
#ミステリーベスト10  #ミステリが読みたい
#このミステリーがすごい  #このミス
#創元推理文庫  #文庫本 #文庫 #小説 
#読了  #読書 #読書記録 #読書感想文 #読書体験
#竹竿の本棚

この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!