12月・花と木と。

1712ネリネ2 ネリネの別名はダイヤモンド・リリー。この花に魅せられて導入し、苦労して日本で品種化された育種家さん、最初ネリネという名で売り出したけれどなかなか売れなくて、そういえば別名があったと思い出して、ダイヤモンドリリーの名で販売し始めたら売れるようになったという逸話が。
画像2 オキザリス。毎年咲いていて毎年撮ってる…けれど、撮り手にとっては手強い花で、難しいです。今日もなんとなく失敗感漂う出来。シャープネスすこし調整しました。
画像3 一年かけて追ってきた銀杏が紅葉シーズン直前に剪定されていてがーんとなり…自分でも意外なほどショックだった。なので、もうひとつの銀杏のもとに駆けつけて撮りました。
画像4 ちなみにこれが
1712銀杏 こうでした。何年かに一度、剪定して樹形を保つ作業なのかな。たぶんもう「おーい」と呼びかけるふっくらしたゴジラの形にはならないと思う。一期一会のような邂逅でしたねー。ありがとう、銀杏さん。この先も元気でありますように。
画像6 冬の朝、マダムミケと日だまりで。悩殺撮影会しました(笑

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

元気出してまいりましょう〜
82
書いたり描いたり撮ったりしています
コメント (4)
…これは確かにショックですね…
はい…。でもかなり大きな木ですから、倒伏などの危険から守るために定期的に剪定しているのかもしれません。主幹近くに過去数回の剪定のあとと思われる古枝が見られました。形が変わるのは寂しいですが、木そのものが守られていくのは良いことだと、自分に言い聞かせました。
ART頼風さん、お声かけてくださってありがとうございます。
あぁ、マダムミケになりたい…😁
お花好きなので、読ませていただけてよかったです♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。