TAKETOMO

TAKETOMO

    最近の記事

    025.リンクを支援する

    「これからやる1000のこと」の25番目を実行しました。 本当に些細な金額ではありますが、支援いたします。  都内でもリンクがなくなり、スケーターは練習の場を求めて、移動します。新しく会員になるところが近くにあればよいですが、それでも、これまで通りはではありません。慣れしたしんだリンクには歴史があり、先輩たちが大勢いるので、暗黙のいい意味でのルールもあり、安心して滑れる環境もあるのです。リンクは多いほうがいい。しかし維持費の割に利用料が安く、また利用者を競技に絞ると採算があ

      • picture20220725

        • Picture20220714

          • 小説「100分のイチ」

            1%の真実 100分のイチの確率で発症する病がある。100人にひとりが発症する可能性がある「統合失調症」である。幻覚や幻聴。脳のシナプスの繋がりとドーパミンの多量分泌による社会認識の欠如が起こる。  薬物療法による治療で症状を抑えることができる。この症状は程度の差はあるにせよ、誰にも起こりうる。100人にひとり。この1%の真実は知られていない。絶望と希望を持ち続ける人々に伝えたい。 「キミたちは狂っていない。キミたちを薬で抑えるより、この社会を、キミたちも生きられるように

            • +3

              Picture20220705

                  • 新しい職域の創造

                    昨夜、やると決めた。 新しい職域の創造。 30代から50代は、一番カラダが動くし、チカラもある。出会いもある。能力もある。そんな時期に会社と呼ばれる狭い世界を飛び出した方々と、新しい業界、職域を創る。  起業家の業界がある。それは「おこり」を見つける時期である。私たちが事業化をまだできないことにとりくむ。事業化とは業界を創ることである。小さく狭くて良いからまずは新しく創ることである。  誰の為の、なんのための業界を創るか、それを考えた。  私は20代はよく働き、    

                    スキ
                    1
                    • 個人事業計画立案

                      受託事業を行っているうちは、クライアントに御用聞きに伺い、いろいろ話を仕入れたり、勉強会に参加したり、広げていける。 オリジナルコンテンツを創る、という発想になると、これは社会に受け入れられるか、これを好む層がいるか、共感や共鳴する層はいるか、どのくらいまで広げるか、ということを考えていく。 ある日突然、世界で私だけが存在する世界になる。 子孫は残せない。すぐに私は食べるための鳥や魚の取り方、狩猟のための道具を開発する。また農耕の知恵を学ぶ。最低限、そこは押さえておきた

                      • 下北沢

                        街の変わらない匂い。 なじみの店が新しくできる。 ありがとう。 インとアウト。 くるくる、まわる生活。 物語はシンプルで、 I Should Tell You. 見知らぬ誰かに I love you. We love you. ずっとずっと。 世界を変えるには 自分の使う言葉を変える。 世界は私が思うより  ずっとずっと 素晴らしいものかもしれない。

                        • I Should Tell You.

                          スキ
                          1
                          • 風の薫り

                            身体の一部が欠けたような 違和感があり、 親しい人と離れる。 どこで会ったのか。 どうして会ったのか。 耳障りなエアコンに 空気を乱される。 信じてくれている人が ひとりいたら、 人間は生きていける。 風が吹く、 髪が揺れる。 律儀な人々に感謝を込めて 賑やかな人生に乾杯。

                            • 私がやる1000のこと。

                              001.大切な人に愛していると伝える。 002.家族にありがとうを伝える。 003.好きな人と会う。 004.この世の中から憎しみをなくす。 005.好きな仲間たちとキャンプをする。 006.腸腰筋、腹筋を鍛える。 007.やっぱり旅をする。 008.キミと出会う。 009.たまには泣いてみる。  010.思い切り、笑う。 011.すべてを笑顔にする。 012.ひなたで昼寝。 013.すべてに優しくする。 014.リズムにのり、ダンスを踊る。 01

                              • photograph0513

                                • 世界の扉

                                  なんだか疲れた。休もう。 一生懸命に生きて、 頑張って、生きている。 ただ自分と社会と他人と ふつうに笑い、楽しく 暮らしていきたい。 本当に人間嫌いになりそうだ。 関わらないで 良いことはわかっている。 誰にでも、 生きるチャンスはある。 気にすることではない。 気づけた存在が特別ではなく、 ただ、これか起こる 物語の主人公は あなたになる。 私は私と 仲間や家族と生きていく。 あなた達は あなた達の世界で どうぞご自由に 生きてく

                                  • お金のこと

                                    「もったいない」。 サロンやコワーキングスペース、会費などで、すでにお金を支払ってしまい、契約が残っている限り、使わないともったいない、と思う気持ちもある。しかし、よくよく考えると、そこに留まり無駄な時間を過ごすならば、次に行ってしまったほうがよいと考えるようになった。 資金の回収や循環は、マッチャーのギブ&テイクを基本としなくても、まわりまわって循環するもので、因果関係がわからないこともある。 早い決断で、時間というロスを防ぐこともできる。 (次の場所へ移動するため、ま

                                    スキ
                                    2