DTMは何歳から始められるんだろう?

DTMは何歳から始められるんだろう?

竹林秋人(旧名物)

 DTM。Desktop Musicの略だ。通称「打ち込み」。要は、パソコンを使って、音を入力していき、音楽を作るという作曲方法である。
 うちの2歳の子共に音楽関係で習い事をさせるならば、いずれはDTMはどうかな、と思う。すぐじゃなくていいけど。

 理由は単純で、その方がたぶん楽しいから。
 例えば、子どもの習い事としてメジャーなのはクラシックの楽器を習うことだろう。最もメジャーなのがピアノ。次は、バイオリン、チェロなどの弦楽器か。こうしたクラッシックを習うのも悪くない。その子が好きならば、全然やればいいと思う。
 だが、あんまり、うちの子どもは現時点でクラッシックが好きになる素養は見えない。現時点で好きなのはアンパンマンマーチぐらいだ。そして、私も妻もクラシックに関する素養はほぼない。となれば、そういう音楽に自然に目覚める可能性はそこまで高くないのではないかと思う。
 だとすれば、もっと幅広いジャンルにアプローチできる可能性がある楽器の方が、将来的に面白いんじゃないかと思う。そうなったときに、DTMの受け皿は幅広い。はっきり言えば、PCに類似する音源が入っていればどんな楽器でも再現できる。

 そう思って、詳しい後輩に色々と教えて貰ったりしてみたが、まだ2歳半には早そうだよなぁ、というのが結論でした。まだ流石に簡単に扱えそうな関連機材はない気がする。簡易シンセサイザーはあったけど、ちょっと音像的に子供向けに思えない。。。
 素直にピアノから始めて、いずれそういう物にも触る機会が作れれば、と思う。全ての基本は、鍵盤楽器だろうし。

 押し付けることはしたくないけど、世界には面白いことが色々ある、というのは早い段階から触れて欲しいな、と思ったりする。面白いことが、滅茶苦茶いっぱいあるからね、世の中。
 そして、見てると自分も欲しくなる、、、あんまりやらないんだけど、面白そうなんだよな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
竹林秋人(旧名物)
ライター修行中。