竹下ジャパン

ライター。1988年生。グラビア写真に関する考察。『サイゾー』等に寄稿。

『乃木撮』乃木坂46(2018)|グラビア写真の考察

mixiの閲覧 十数年ぶりにmixiを閲覧する機会があった。やっとのことで思い出したメールアドレスとパスワードでログインすると、そこには久しく人の気配の無い裏庭のような…

『Sincerely yours...』田中みな実-伊藤彰紀(2019)|グラビア写真の考察

累積売上50万部 フリーアナウンサーである田中みな実の写真集が売れている。2020年4月現在、累積売上は50万部を超えており、これは広末涼子が1996年に『H』、『R』を同時…

『みんなの山本彩』山本彩(2016)|グラビア写真の考察

コンパクトカメラと他人の生活 盗撮というのは、人類がカメラを手に入れたときから予感されていたものだったのかもしれない。19世紀には、30分以上もの露出時間を要し、機…

『LANDMARK』山地まりetc.-磯部昭子(2018)|グラビア写真の考察

『サイゾー』の表紙 『LANDMARK』は磯部昭子(※)が2016年から2017年にかけて月刊誌『サイゾー』の表紙と巻頭グラビアをつとめていた時期の写真を集めた作品である。被写…

『東京色』仁香‐蜷川実花(2000)|グラビア写真の考察

蜷川にとって初となるタレント写真集 『東京色』は、ファッションモデルである仁香(※)被写体に、2000年1月に光進社から刊行された写真集だ。当時、仁香は24歳。大学生…