見出し画像

ベルフェイスに入社して4ヶ月~今感じているあんなことやこんなこと

自己紹介

初めまして、ベルフェイスでエンジニアリクルーターをしています臼屋 健志(たけし)と申します。
臼屋という名字は某サイトによると全国に50人くらいしかいないそうです。
「臼谷」「臼井」とよく間違えられるので、お気をつけください。

出身は北海道の小樽市です。
大学時代は4年間京都に住んでいたので時々関西弁がでます。
上京して3年、東京で好きな街は新橋、上野、赤羽です。
好きな飲物はお酒です。

これまではかなり転々としてきまして、大学卒業後、アルバイトを経て翌年の新卒枠で一部上場の企業に入りましたが3ヶ月で退職(新卒第一号)した後、派遣コーディネーターやエンジニア、採用周りなど広く浅く経験をしてきました。

今はエンジニア経験を活かして、エンジニアや情シスの採用をメインに担当しています。

ちなみに文章を書く、ということをほとんど経験したことがないので太陽のように温かい目で見ていただけるとありがたいです。
※大学の卒業論文もA4一枚で乗り切りました。今考えると奇跡。

ストレングスファインダーは、
1.コミュニケーション(影響力)
2.包含 (人間関係構築力)
3.アレンジ (実行力)
4.個別化(人間関係構築力)
5.社交性(影響力)
です。
※ベルフェイスでは入社時に必ずストレングスファインダーを受験します。
コミュニケーションや社交性が上位に来てますが、かなりの人見知りです。
今日もジムの女性インストラクターさんの目を最後まで見れませんでした。

また選考時に受験した適性検査の結果の一部ですが、

画像1

ストレス耐性がかなり高いです。
これは恐らく大学卒業後に働いていた地元のバーで色々な意味でかなり揉まれたことが原因かと思います。

今回の本題

さて今回の投稿では、ベルフェイスに入社して丸四ヶ月たったので入社前のイメージと入社後のギャップを書きたいと思います。

入社前のイメージ

・イケてる
・優秀な人が多い
・自由度が高い
・社内の仕組みがきれい
・スピード重視
・若い人が多く、活気ある
のような、皆さんとそこまでずれていない(ことを祈ります)、「伸びてるベンチャー」に対して誰もが抱くイメージを持っていました。

入社後のギャップ

・イケてる
└これは今も思っています。ベルフェイスは間違いなくイケてます。抽象的すぎてわからんわ、となっていると思いますが入社したら間違いなく感じます。感じられます。
今月中にベルフェイスから皆さんに報告もございますので、楽しみにしていただければと思います。

・優秀な人が多い
└これは想像以上でした。役職がついている人はもちろんのこと特に驚いたのが19卒の新卒さん達です。新卒ではエンジニアを採用していないのであまり業務上絡むことはないのですがslackを見ていてもフットワークの軽さやコミュニケーション能力と意欲の高さ、実際にこなしている業務など自分が若かったときに比べると月とスッポンくらい違います。タスクは全く異なりますが、かなり刺激を受けています。


・自由度が高い
└これも想像以上でした。僕の担当領域のエンジニアですと週1回の出社日を除くと9割近いメンバーはリモートで働いています。
エンジニアほどではないですが他の職種もリモートやフルフレックスを導入しており、かなり自由度高く働いています。
僕も年末は北海道に帰省するのですが飛行機が破滅的に高いので前後1週間はリモートにして3週間ほど北海道にいました。働きやすさとともに体重も手に入れました。
また働き方以外でも、声を上げればチャンスを貰えるので実際に行える業務についても自由度は高いです。
僕はエンジニアリクルーターで入社いたしましたがすでに他の職種も3つほど担当してますし、USP開発事業部でディレクターを担当している人は先月までカスタマーサクセス事業部のテクサポ部隊でした。
裏を返すと受け身な方にはチャンスは回ってこないイメージです。
全社的に仕事の取り合いが起きているんじゃないか、と僕は良い意味で思っています。

・社内の仕組みがきれい
これは意外でしたが、あまり整っていませんでした。なぜかslackのチャンネルも膨大な数あります。
リクルーターに限ると、採用フローや採用の基準など10月に入社したときはほぼ機能していませんでした。開発現場においても新しく入社したメンバーが驚くほど開発環境が整っていなかったです。(絶賛整備中)
恐らくその他の職種でも整っていない部分は多いんじゃないかと思います。
ただベルフェイスの社員はその部分について、ただ不満に思うだけじゃなくしっかりと改善していこうとするメンバーだらけです。(改善6valuesの一つでもあります)

画像4


僕自身も整っていない環境を経験できること自体が貴重だと思っていますし、整備ができる人材は単純に市場価値の高い人間だと思っているので驚きはしましたがネガティブな印象は持っていません。

・スピード重視
これも弊社の掲げる6valuesに入っているので、全社で体現しています。
一つ一つの細かい業務に対してもハイスピードが求められていますし、全社に関わることでもかなりスピードが早く変化が多いです。
例を上げると、もともと各リクルーターは担当する事業部に所属していたのですが(僕であれば開発事業部付)、リクルーター間の横のつながりや入社後のオンボーディングに関わることなどに関しての連携がスムーズに進まなかったので今月からリクルーターは吉本を室長とする経営企画室に集まりました。
事業部付のリクルーターを採用したのが10月でわずか1Qの間で採用に関わる組織がガラッと変わりました。

画像5

もともと壊滅的に飽き性な僕には日々変化があり、とても楽しいです。

画像2

この様に普段の会話でも6valuesが出てきています。
※未だにハイスピードと返信の間になぜ「男」と入っているのか理解できていません。

・若い人が多く、活気ある
活気はあります。そこにギャップはなかったです。
ただ年齢という点でいくと、驚いたのが20代が少ないということです。社内で最大勢力を誇っているのが僕のひとつ下の世代(今年28歳の代)ではあるのですが、入社してくるメンバーは30代が多い印象です。
伸びているベンチャー企業ではありますが、これからどうなるかわからない部分も多い会社なのに、前職までに数字と実績を残してきた猛者たちがベルフェイスを選んで入社しています。(それくらいベルフェイスが見ている将来は魅力的なのかなと分析しています)

画像3

家庭を大事にしている社員は本当に多いです。

まとめ

以上の様に、ネガティブな印象はなかったです。

ただ僕は自己紹介欄で記載したとおり、ストレス耐性が鬼高いので、もしかしたら他の社員に聞くと違った印象かもしれません。
それでも間違いなく全社員は代表の中島が、そして各々が描くベルフェイスを実現できるように前を見て日々業務をこなしています。
間違いなく楽しいですし、興味を持っていただいた方はこちらから募集しているポジションをチェックしてください!
全職種で積極採用中です。
現在117人ですが(2020/1末時点)、来期末ではかなりの数となる予定です!
※今月中にプレスを出しますのでお楽しみに。
チャンスも変化も困難も大いに転がっている会社に挑戦したい若手のあなた、経験豊富なそこのあなた!
一回weworkに遊びに来てください。
必ず、「楽しそう」という感情を帰り道には持っています。
嘘だと思うならまずはご連絡ください、そして信じてくれる方もご連絡ください。
つまりこの記事を呼んでくれた方は全員ご連絡ください。


お待ちしてます!!!!

余談

ありがたいことに毎月数百人の方からご応募をいただいてます。
そしてかなりの数の方が面接に望んでくれています。
リクルーターとしてこれから応募してくる方にアドバイスを送ります。

ベルフェイスを知ってください

・ベルフェイスには、SNSで情報を発信している者が多くいます。
wantedlyには社員のインタビューが多く掲載されています。
・ベルフェイスの人事評価制度は僕が知る限り日本で唯一です。(違ったらごめんなさい)
・ベルフェイスには大事にしている6valuesがあります。
・bellFaceの導入事例をいっぱい公開してます。

もちろん仕事をしながら全てに目を通して自分の中で噛み砕くのは難しいと思います。
なので上記の中でどれか一つでもいいです。
そうすれば必ず面接があなたにとって意義のあるものになると思います!


我が上長、吉本の最新記事です


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

19
ベルフェイス株式会社のエンジニアリクルーター 元エンジニア 元営業 将来はわかりません